2013/3/23

スミレ開花・ツバメ初認(市原市内)  野草

昨日東京の桜が満開になったという。平年より12日程早いそうだ。異常な速さは、スミレなどの草花も同様だ。先週もスミレの花の報告をしたが、本日もヒナスミレ、コスミレの開花を市原市内で確認した。昨年は4月8日に花を確認しているので約2週間早いことになる。ヒナスミレは昨年発見した群落。荒れた林にひっそりと咲いている。ホタルカズラやカキドオシ、キランソウも紫色の花をつけていた。さすがに、イチリンソウ、ニリンソウの花はまだのようだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (ヒナスミレ)     (ヒナスミレ)         (コスミレ)        (コスミレ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ホタルカズラ)     (カキドウシ)       (キランソウ)         (桜)
谷津の水辺では、ヒキガエルのひも状の卵塊を見つけた。ウグイスがあちこちで囀り、ツバメも今年初認知。昨年の初認は4月8日だ。早い。お彼岸過ぎなのに春本番という雰囲気だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    (谷津)        (ヒキガエル卵塊)      (ツバメ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ