2013/4/6

春の里山(市原市内)  野草

爆弾低気圧が夕方からやってくるおいうことで午前中近場で春を感じに出かけた。桜は葉桜になっているが様々な花や昆虫が見られるようになった。棚田には少しづつ水が入れられ、キラキラと綺麗な光景を見せてくれた。畔の土手にはタンポポ、タネツケバナなどが咲き、ツマキチョウ、ヤマトシジミ、べニシジミ、ルリタテハが見られた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    (棚田)        (ツマキチョウ)    (ヤマトシジミ)     (ベニシジミ)
山の斜面では、コケリンドウ、ヒメハギを見ることができた。
上空では大きな枝を捉えたノスリがカラスに追われていた。営巣でもするのか?水辺ではトウキョウサンショウウオのオスの個体を見つけた。メスを待ち伏せしているのであろう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (コケリンドウ)      (ヒメハギ)        (ノスリ)    (トウキョウサンショウウオ)
毎年観察しているマキノスミレを見に行ったが、盗掘の跡と思われる痕跡があった。寂しい限りである。それでも淡い赤紫の可憐な花を見ることができた。ニリンソウも咲き始めている。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (マキノスミレ)     (マキノスミレ)     (ニリンソウ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ