2013/7/24

オオムラサキの求愛行動(市原市内)  チョウ

この時期市原市でも局所的であり、数多くは見られないがオオムラサキを観察することができる。毎年出現するフィールドに出かけたところ、トンボ池の会の仲間のkさんが既に陣取っていた。クヌギの樹液を求めて時折飛来するということで、炎天下待った。しばらくして、ゴマダラチョウ1羽が飛来した。黄色の口吻が印象的だ。その後、待つこと数十分。ようやく雄が飛来した。左前翅に少し欠損はあるものの、青紫色が綺麗な個体であった。飛来直後は、翅を広げたり閉じたりするが、樹液を吸い始めると、ほとんど翅を開かず一心不乱に樹液を吸っていた。やがて、キイロスズメバチにちょっかい出され、どこかに飛んでいってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ゴマダラチョウ)    (オオムラサキ:オス)     (オス)           (オス)     
その後、大部時間をおいて再び雄が飛来し、その後、一回り大きいメスも飛来し、オスがメスを追いかけ始めた。葉陰で休んでいたと思われる別のオスも加わり、3頭の乱舞。やがて、メスがクヌギの木に止まり、1頭のオスが近くに止まった。オスがメスの正面に移動し、じっと見合っている。やがて近づき触角と触角を合わせた。交尾が始まるのを期待したが、オスがメスの背後に回り込もうとするとメスもオスの正面になるように位置取りし、なかなか後ろを見せない。オスが飛んでは背後に回ろうとするが、メスが拒否するといった行動を続けていた。やがて、オスがあきらめたのか飛び去っていった。メスはしばらくその場にいたが、これで子孫を残せるのであろうか?数が少ないうえに交尾しなかったら増加しないのではと不安になる。 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
          (求愛行動)
樹液には、アカタテハ、キタテハ、ヒカゲチョウ、キイロスズメバチ、カナブン、ハナムグリなどがやってきていた。



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ