2013/8/6

旅のついでの自然観察(北海道道東)  旅行・トレッキング・高山植物

天候に恵まれ、北海道の大自然に触れ合うことができた。ジャガイモやソバの白い花と麦秋の色、牧草や野菜の緑色がおりなす、大地のモザイク模様は美しかった。また、摩周湖は相変わらず美しかった。北海道はよく訪問するが、以前にも報告したように、エゾシカが増えている印象が強かった。たまたま、鹿が湖に入り水草を食べている光景を見たが、臆することなくなんでも食べている姿にはびっくりした。屈斜路湖からの釧路川源流部ではカヌーを楽しみ、水の透明度やマルタウグイの群れを見ることができたが、ウチダザリガニの数の多さには驚いた。人為的に生息域が広げられているようだ。特定外来種であり、ニホンザリガニに影響を与えているようで対策が望まれる。
また、季節を変えて訪問してみたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (釧路湿原)        (摩周湖)         (屈斜路湖)  (オンネトー&雌阿寒岳) 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     (エゾシカ)    (ウチダザリガニ)    (ウチダザリガニ)    (マルタウグイ)







ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ