2013/11/2

樽前山(北海道苫小牧市)  旅行・トレッキング・高山植物

支笏湖畔にそびえる活火山の樽前山に、東京の仲間、札幌の仲間5名で登山した。登山といっても、標高が1000m。7合目まで車で行けるので、ハイキングといったところか。7合目は、すでに落葉し、ナナカマドの赤い実が鮮やかに斜面を染めていた。ナナカマドは苫小牧市の木ということである。登り始めるとすぐに森林限界。さすがは北海道である。標高が低いが、寒冷のため木が育たないようだ。この季節高山植物は見られないが、シラタマノキが白い実をつけていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(前日撮影:左側が樽前山)(登山口)     (ナナカマドと外輪山)  (シラタマノキ)
登るに連れて雄大な眺めとなった。東側に高い山がないため、支笏湖だけでなく千歳市、苫小牧市が一望できる。素晴らしい眺めだ。約1時間ほどで外輪山分岐点。そこまで登ると、樽前山の溶岩ドームから噴煙が出ているのが見える。カルデラになっている。東山頂上まで登ると、遥か遠く羊蹄山が見えた。トビやハシブトガラスは観察できたが、生物の気配は感じられなかった。今度は、季節を変え、春か初夏に訪れたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(支笏湖)         (溶岩ドーム)     (頂上)          (遠方に羊蹄山:右側)

クリックすると元のサイズで表示します
(パノラマ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ