2013/12/8

奇妙な採餌方法のアオシギ(栃木県日光市)  野鳥

日光野鳥研究会松田顧問の「フクロウ」に関する講演会後有志で、奥日光に出かけた。目的は、最近話題のベニヒワとオオモズ。奥日光は、茶色の世界。ミズナラやカラマツも落葉し、湯川沿いは先日の雪が残っていた。双眼鏡をぶら下げた人に情報聞くも、朝オオモズを見かけたが、ベニヒワを見た人は皆無であった。それでも、出会えるかも知れないと湯川沿いを歩いたが、コガラ、ゴジュウカラ、キバシリなどを観察できただけでベニヒワの気配はなかった。それでも,男体山などの眺望を楽しんでいたところ、仲間の一人が「シギ」を発見。逆光であったが、「アオシギ」と確認できた。久しぶりの出会いであった。アオシギは、体を前後に揺すらせていた。恐らく体を振動させ、その振動で川の虫を追い出して捕らえるのではないかと推定される。コサギが貧乏ゆすりして底から生き物を追い出して捕らえるのと同じことをしていると思われた。それにしてもユーモラスな光景であり、見入ってしまった。コチラを警戒しながらものんびりと採餌していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(戦場ヶ原から男体山)(太郎山・大真名小山)     (湯川)        (ズミ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(アオシギ)


 



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ