2014/7/31

北海道道東:野鳥  野鳥

シマフクロウが毎晩やってくるという宿に宿泊。寝ては起きを繰り返し様子を探る。そのうち特徴ある「ボホホン」という大きな鳴き声が聞こえ目が覚めた。声が徐々に大きくなり、ようやく生簀にシマフクロウが現れた。緑色の足輪をつけたオス(後で宿の方から教えていただいた)のあとにしばらくして赤色の足輪をつけたメスもやってきた。池を覗き込み、魚を捉えて食べ、しばらくして森に消えた。朝3時すぎの出来事であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (シマフクロウ:♀)  (シマフクロウ:♂)   (アオバト)       (ベニマシコ)
タンチョウは旅行期間中6ペア。幼鳥を連れたペアはその内、3ペア。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (タンチョウ)      (タンチョウ)    (シマセンニュウ)  (シマセンシュウ)
カモ類は、ウミアイサやスズガモの群れやシノリガモ、なんとビロードキンクロ、クロガモが既に南下していた。干潟では、キアシシギ、キョウジョシギ、メダイチドリ、アオアシシギなどのシギチ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ウミアイサ)     (ビロードキンクロ)  (スズガモ)     (キアシシギ)
海鳥は、漁港で間近にウトウを観察。潜る時に羽を広げる泳ぎを披露してくれた。また、遠めだったがケイマフリも見ることができた。赤い足が印象的であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ウトウ群れ)     (ウトウ)         (ケイマフリ)    (ケイマフリ)
オジロワシはいたるところで観察できた。体が大きいので容易に見つけやすい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オジロワシ:幼鳥)   (オジロワシ:幼鳥) (オジロワシ)     (ショウドウツバメ)
キツツキ類は、アリスイ、オオアカゲラ。残念ながらクマゲラ、ヤマゲラには会えなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (アリスイ)        (アリスイ)      (オオアカゲラ)    (オオアカゲラ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ノビタキ メス)        (ノビタキ)       (オオジュリン)    (ウソ メス)
その他 ルリビタキ(声)、コマドリ(声)、キビタキ(声)、ウグイス、ヒガラ、ハシブトガラ、エゾセンニュウ(声)、マキノセンニュウ(声)、コムクドリ、センダイムシクイ、ミソサザイ(声)、ツバメ、トビ、サギ類など。種類も数も豊富であった。



ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ