2011/1/15

渡良瀬遊水池  野鳥

日光に行く途中で、日光野鳥研の仲間M夫婦と渡良瀬遊水池に寄った。目的はコミミズク。夕方15時半過ぎになると、複数個体が間近に現れるという。頻繁に出没すると思われる現場に向かったが、その現場は容易にわかった。既に、100を超えるカメラの放列ができている。我々も陣取るとすぐに2羽の個体が現れ、そのうちの1羽が目の前に飛んできた。カメラマンにサービスするように旋回し、その後土手に降りてしきりに首を回転させては人間の方を見ている。警戒しているのか、興味深くながめているのか。それにしてもキリッとしまった顔つきだ。人々を魅了するのもうなづける。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
チョウゲンボウは「俺にも注目してくれ」と言わんばかりに、コミミズク観察中に目の前の看板に止まった。クリックすると元のサイズで表示します





そのほか、ベニマシコ
クリックすると元のサイズで表示します




周辺の水田ではケリ、タゲリ、ミヤマガラス、コクマルガラスを観察。渡良瀬遊水地は野鳥の宝庫だ。






ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ