2014/11/3

三番瀬(船橋市)  野鳥

ミヤコドリ見たさに三番瀬にでかけた。ミヤコドリは遠くからも赤いくちばしと足が目立つ。ハマシギもせわしなく動いている。1羽で採餌しているハマシギより大型のシギがいた。オオハシシギだった。嘴を砂に突っ込んではアサリをとって食べていた。やがて潮が満ちてきて、すべてのシギチが堤防に移動していった。堤防では、職場の避難訓練で部署ごとに整列するように、種類ごとに集合していた。数を数えると、ミヤコドリは250ほどであった。堤防の内側の湾では、スズガモの群れの中に、ビロードキンクロとハジロカイツブリが1羽づつ浮いていた。ビロードキンクロは、なかなか顔を上げなかったが,辛抱強く待っていると、少しだけだが上げてくれた。ごつい嘴を確認できた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのほか、ソリハシシギ、イソシギなど。三番瀬は鳥も多いがバーダーも多い。

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ