2011/1/30

里山散歩(市原市)  野鳥

「米沢の森を考える会」で最近になり、休耕田の谷津田に歩道を整備したということで、生物調査を依頼されでかけた。ハンノキの小さな林を過ぎた奥に、休耕田が広がっており、整備しクリックすると元のサイズで表示しますないと人が   クリックすると元のサイズで表示します
入れないように荒れた状態であったという最奥部にはアシ原とセリの生える浅い湿地が広がっていた。1か月も雨が降っていないにもかかわらず、水が一定量流れており、なんと水がわき出る個所には、野生のワサビが生息していた。セリの生えている湿地を網ですくうと、トンボ科のヤゴ、ホトケドジョウを見つけることができた。水生生物は他にヨコエビ、カワゲラの仲間の幼虫などを観察することができた。どうやら、アメリカザリガニは生息していないようだ。3月、4月の温かい時期に再度調査したい。ザリガニがいなければ、様々なトンボが期待できる。野鳥はノスリ、マヒワ、シロハラ、アオジなどの冬鳥にカラの混群を観察することができた。
その後、近隣の里山を歩き、トウキョウサンショウオの卵塊を探したが、まだのようであった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ジョウビタキ)      (ルリビタキ)        (タンポポ)       (ハイタカ)
林縁部から異なる「ヒッヒッヒッ」の声が2か所から聞こえた。しばらくすると姿を現してくれたがジョウビタキのメスとルリビタキのメス型であった。畦には、気の早いニホンタンポポ。上空にはハイタカが舞った。豊かな里山だが、少し涙目。どうやらスギ花粉が飛び始めたようだ。これからつらい時期が始まる。
(続きを読む)


















ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ