2011/2/11

旅のついでの鳥見(小樽・札幌)  野鳥

連休を利用してさっぽろ雪まつりにでかけ、合間を縫って鳥見に行った。小樽の運河は雪化粧。小樽港ではヒメウ、ホオジロカモの群れ、シノリガモ(メス)、、ワシカモメなどを観察できたが、途中から大雪となり、双眼鏡で観察できない状態となり切り上げて札幌に移動した。(続きを読む)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




雪まつりは昼間よりも、夜がライトアップされ美しい。シマフクロウやサザエさん一家が印象的であった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
翌日昼は、円山公園、北海道神宮境内を散策した。開拓の歴史や重みを感じた。境内ではゴジュウカラ(写真)、ヒガラ(写真)、ヤマガラ、コガラなどに出会ったが鳥影が濃い。ぜひ別の季節に訪れたい場所だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ