2018/3/4

春の息吹(市原市内)  両性・はちゅう類

本日は、南風が強く、その影響で20度近くまで上昇し、一気に春。里山に春の息吹を探しに出かけた。梅や早咲きの桜が咲き、地面ではオオイヌノフグリやナズナがチラホラ。水辺では、ニホンアカガエルの卵塊がいくつか見られ、一部では、孵ったばかりのオアマジャクシがうようよ泳いでいた。水溜りのような小さな池では、トウキョウサンショウウオの卵塊が見られた。この時期、例年多くの卵塊が見られるのであるが、2対のみ、しかも、産卵直後のような卵塊であった。産卵時期が相当に遅いようだ。
池の周りの陽だまりでは、越冬したホソミオツネントンボやテングチョウを見ることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
野鳥では、ミソサザイ。残念ながら撮影できなかったが、しっかり確認できた。私にとっては千葉県初認である。

ぶらぶら自然散歩!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ