2011/6/25

奥入瀬を歩く(青森県)  旅行・トレッキング・高山植物

八甲田の翌日は、奥入瀬渓流散策。石ケ戸から十和田湖子ノ口まで、約4時間かけて歩いた。滝や急流など、変化に富んだ流れを満喫した。
野鳥はこの時期囀りは減っているが、それでも全行程ほぼキビタキの声が聞けた。渓流の鳥の代表であるミソサザエ、カワガラス、キセキレイはもちろんであるが、アカゲラも水辺で観察できた。早朝の散歩では、アカショウビンの哀愁のある声を聞くことができた。カジカガエルは渓流の音に負けじと鳴いていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(キビタキ:ボケボケ)  (ミソサザエ)   (カワガラス)  (アカゲラ)
植物は、日影になることが多いせいか、ミヤマカラマツ、スダヤクシュが目立ち、それほど種類は多くはなかったが、サイハイラン、コケイランを観察できた。はじめてコケイランを見たが可愛らしい黄色が印象的であった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(サイハイラン)    (コケイラン)        (銚子大滝)     (渓流)

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ