2018/12/8

雲の合間から富士山(山梨県節刀が岳)  旅行・トレッキング・高山植物

元職場後輩とその友人4人で、節刀が岳(1736m)に登山。河口湖の北方に位置する、いわゆる富士山の外輪山。当然富士山を眺望するための登山。しかしながら天気予報に反してあいにくの曇り、それでも山頂での眺望を期待して登った。河口湖畔の大石から大石峠そこから尾根伝いに登るコース。標高差約800m。杉林の中の九十九折を抜けるとカラマツや落葉樹の森の中の九十九折。1時間40分ほどで大石峠。眺望が開けたが、雲が厚く富士山が見えない。金堀山を通ってのアップダウンのある尾根道。甲府盆地はきれいに見える。1時間20分ほどで,節刀が岳着。意外とハードであった。相変わらず富士山は雲の中。寒気がきているせいか、頂上付近の木々は霧氷状態。昼食を取りながら、振り返り富士山方向を見ると、なんと雲の合間から頂上付近が顔を出してくれた。疲れも一瞬で吹き飛ぶ。しばらくすると厚い雲の中に、隠れた。まるで、私たちを歓迎してくれたような出来事であった。下りは同じ道をピストン。登り3時間、下り2時間。八王子で反省会を行い解散。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ