2011/7/2

ブナに囲まれ(青森県白神山地)  旅行・トレッキング・高山植物

7月2、3日と、妻と白神山地を訪問。
ブナ林の中を歩いて暗門の滝を目指す。キビタキやエゾハルゼミの声を聞きながら、歩く。途中、森林の中でトンボを発見。なんと初めて見るムカシヤンマであった。ヤンマは通常ぶら下がって止まるが、葉の上に横になってとまっていた。背中のやや赤みが印象的であった。渓流では、カジカガエルやミヤマカワトンボが石の上にとまっていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ムカシヤンマ)    (ミヤマカワトンボ)   (カジカガエル)  (サカハチチョウ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(第1の滝)       (第2の滝)       (第3の滝)
暗門の滝の第1の滝、そこから落差を登って、第2の滝、更に落差を登り第3の滝と登ったが、渓流沿いの狭い通路を歩き、山奥深くまで入ったという印象であった。とてもさわやかであった。
その後白神林道で移動。行っても行ってもブナばかり。すごい奥行きを感じた。
3日は十二湖散策。時折霧が出て視界が悪かったが、変化に富んだ湖沼を見ることができた。ここでも、キビタキ三昧。また、アカショウビンの声を頻繁に聞くことができた。ヤマセミも遠方であったが観察できた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(キビタキ)   (ヤマセミ)
白神山地の自然の豊かさの一端に触れた旅であった。

ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ