2020/1/17

野鳥観察授業(市原市内)  活動

市原市内小学校の野鳥観察授業に講師として参加。3,4年生合計の16名。学校周辺を歩いて観察後教室に戻り簡単な授業。夏に校舎に作ったツバメの巣を観察し、渡り鳥について考え、その後校庭や田んぼで観察。カシラダカ、ツグミの冬鳥を見ていると、目の前にアオサギが飛んで一同感激。学校への戻り際、アカハラを観察できた。数は少なかったが、声を含め12種類を観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
授業では、パワーポイントを使って鳥が飛ぶことや渡りについて指導した。理解してもらえたか心配だ。

ぶらぶら自然散歩!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ