2011/7/26

広大な湿原を歩く(北海道雨竜沼湿原)  旅行・トレッキング・高山植物

早朝、層雲峡を出発し、旭川まで路線バスで戻り、駅でレンタカーを借り、雨竜沼湿原へ。
ゲートパークから白竜の滝を経て、高度を上げていく。オオルリ、キビタキ、ルリビタキ、コマドリのさえずりやエゾシロチョウ、コヒョウモン、ミドリシジミの仲間も舞った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オオルリ)        (エゾシロチョウ)    (コヒョウモン)     (白竜の滝)
登りに約1.5時間。ようやく雨竜沼湿原着。エゾカンゾウ、ヒオウギアヤメが出迎え、遠く、暑寒別岳、南暑寒別岳がそびえていた。広大な湿原だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(エゾカンゾウと暑寒別岳) (ヒオウギアヤメと暑寒別岳)(湿原)  (ヒツジグサ)
池塘の周りには、カオジロトンボ、水面のコオホネには、エゾイトトンボやコエゾトンボが飛んでいた。オオジシギも木道に顔をだした。イワイチョウ、トキソウも咲いていたが全体に乾燥が目立つようだ。広大な雨竜沼湿原を展望台経由で歩くこと1.5時間。爽やかな風が吹き抜ける湿原を楽しむことができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(コオホネとエゾイトトンボ) (コエゾトンボ)  (トキソウ)      (オオジシギ)


ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ