2020/3/21

宮古島の渡り鳥  野鳥

3月18日から21日まで宮古島に出かけた。この時期の宮古島は4年連続。毎回、様々な出会いがあるが今回も思わぬ渡り鳥との出会いがあった。最大のサプライズはクロウタドリ。芝生の上で、シロハラの近くで一緒に採餌していた。私も日本で初めて観察。レアな渡り鳥だ。定番のサシバは、様々な場所の電柱で見られた。ハヤブサは3年連続同じ場所で、チョウゲンボウは宮古島で初めて観察した。シギチドリでは、アカアシシギ、アオアシシギ、ムナグロ、メダイチドリ、シロチドリなど。コウノトリは宮古島滞在700日を超えるようだ。2014年生まれの足輪番号0067。宮古島では住民票が発行されたと聞く。渡りの鳥にとって宮古島は重要な中継地のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

その他、ツグミ、ツバメ、セッカ、リュウキュウツバメ、ダイサギ、アオサギ、クロサギ。今回は残念ながらヤツガシラ、ギンムクドリを見つけることはできなかった。



ぶらぶら自然散歩!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ