2011/8/30

高原はもう秋の気配!!(栃木県日光市小田代湿原)  旅行・トレッキング・高山植物

8月の最後の週末を日光で過ごし、今日は、妻と日光野鳥研の友人2人の合計4人で、小田代ケ原を散策した。シンボルである「貴婦人」の白樺の周りは、緑よりも茶色味が強い秋色になり始めていた。湿原のホザキシモツケは盛りを過ぎ、アキノキリンソウ、ゴマナ、オヤマリンドウ、ワレモコウなどの秋の花が目立った。友人に、アキノウナギツカミやカセンソウなどの秋の花を教えてもらった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
  (湿原)        (ホザキシモツケ)    (アキノキリンソウ)  (オヤマリンドウ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ワレモコウ)      (ソバナ)        (ハナイカリ)      (カセンソウ)
草原では、ゴマ塩姿のノビタキの幼鳥、それを見守るメスを観察できた。南に渡る準備をしているのだろう。まだ、多くのアキアカネは避暑の最中。また、多くのチョウが舞っていた。キベリタテハ、エルタテハ、ヒメアカタテハ、アカタテハ、ヒメキマダラヒカゲ、ミドリヒョウモンなど。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ノビタキ幼鳥)     (ノビタキ♀)     (キベリタテハ)  (エレタテハ)
超小型のハチとその巣を発見した。ハチの体長2mm,巣の直径は5mm程度。表面に凹部がある。同定できる方、ご教示願いたい。
クリックすると元のサイズで表示します
(ハチとハチの巣)


ぶらぶら自然散歩!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ