2020/6/13

21年ぶりのぽっぽや!  鉄ネタ

109シネマズで「鉄道員(ぽっぽや)」を上映していると知り、昨日行って来た。
1999年6月公開でTVやレンタルで見た記憶は無いから実に21年ぶりの鑑賞である。
クリックすると元のサイズで表示します

とにかくもう懐かしい映像で楽しめたのではあるが、先月の「響け!〜」同様自分一人の貸切上映となってしまった…
今日は雨だし巣籠を決め込み、作品の中で準主役的な「キハ」の画像を探し出したので紹介。
2004年4月に旭川からとんぼ帰りで士別へ行った際、まだ地上だった旭川駅のホームへ出るとまさかの「キハ」がいたのである(前にも書いたな)。
作中では「キハ12 23」役だったキハ40 764。映画の為とは言え、よくぞここまで改造したなと感心する。前照灯は作中でもブタ鼻のままでもよかったのでは?
士別駅にて
クリックすると元のサイズで表示します

普通ここまで手間掛けんわな…
クリックすると元のサイズで表示します

ウェザリングはそのままだが、普通に傷んでボロボロだった。
クリックすると元のサイズで表示します

改造した部分の劣化なども酷く翌年辺りに除籍されてしまったが、その後はカットモデルが幌舞線幌舞駅としてロケで使用された根室本線幾寅駅前に展示されているのはご承知の通り。
2014年9月撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

時間調べて無いのにたまたま列車が来た!
クリックすると元のサイズで表示します

パノラミックウィンドウはこんな感じで埋められていた(こりゃ視界悪いわ)。
クリックすると元のサイズで表示します

オレンジカードも何種類か出ていた。
クリックすると元のサイズで表示します

天気がいい時に再訪したいと前にも書いたが、2016年8月の台風被害以来運休が続いており代行バスを運行、このまま廃線の話まで出て来てしまった。

〜おまけ〜
2004年は士別にはわずか30分程度の滞在で、日野RVを撮影に…
クリックすると元のサイズで表示します

駅前の交番にはレオーネバンがいた。
クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ