シンコーひまつぶし

私「シンコー」が撮影して来た鉄道やバス、クルマの写真などを紹介して行きたいと思います。ひまつぶしにでも見てやって下さい。
なお、画像の転用はご遠慮下さい。
車庫内での撮影画像は撮影許可を得ています。

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ネタ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:のんた
メッシュ状ということは、バスの窓用のラッピングとは素材が異なるということになりそうですね。

鳥取でも使えそうですよ。島鉄には県営から譲渡のエアロスターが塗り替え、日本交通には日野HRがいて、車種まで揃っていますね。

「島鉄色の謎」
クリーム色がもっと濃かった意見もあり、映画車がどんな色を塗ったか興味があります。ただ、考証せず安直に最近の新車に合わせた可能性もあり、鵜呑みにはできませんが。
RE101Pの新車写真を見ると今のと同じじ色に見えますが、経年車の露出を数段階変えたポジフィルムをみるといろんな濃さがあります。
気動車とバスと異なるクリームだったとすれば、人間の記憶を歪ませる心理学的な素材でありますが。

地元出身、大仁田氏もいました。
投稿者:シンコー
>のんたさま
ラッピングは不透明でなくメッシュ状になっているそうなので、全く見えないわけでは無いようです。
バスは見事に島鉄色になっていますね。岩手が舞台でも使えそう(笑)
投稿者:のんた
DCのラッピングは長崎県営のお魚バスあたりで使われたフィルムでしょう。だったら、不思議と外はよく見えますよね。

登場するバスですが、長崎は比較的早い時期にボンネット車の採用が終わっている事情を踏まえたものです。

宮崎康平氏の著作から半世紀近くが経ち邪馬台国畿内説がますます有力になる中、島原鉄道も事実上3セク化し積極的にスポンサーとして動けない中での異例の映画化です。

康平氏の孫娘をはじめ地元出身者を集めたものです。よく見ると草野さんまで出ていらっしゃるようで、麻生さんは同じ学校の後輩です。大島ミチルさんは来年の大河の音楽担当ですね。
投稿者:みーにゃおのパパ
くたびれた冬ソナ…っていうか、中高年狙いで思いっきり意識してないですか?
投稿者:あきじ
>indigo liner様
今回は街中を走り回るワケでなく展示が目的みたいなので
運転している方にとってはマシでしょう。

広島は2日間あり、
次は大阪だったかと…
投稿者:indigo liner
真夏よりはマシでしょうけど、これで全国行脚というのも大変でしょうね。明日はどこ行くんでしょうか。

くたびれた冬ソナ…。はい、座布団一枚!
投稿者:dendon
いちばん下の まるてん様の画像は クタビレた冬ソナかとほもった...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ