蒼風来たりて風を吹く

知識は大切なものを守るための武器となる。また知識は敵に利用される道具ともなり、更に惰眠を貪る為の枕ともなる。
節義を自覚せず、卑しき者と通じ売名と個人的利得に用ふる者に、必ず災いあるべし。

 

初めて来られた方へ

プロフィール

何昔も前に埼玉県で生まれ育ち、激動の時期を公僕として奉職、 1995年合衆国シアトル市へ移住。現在ワシントン州在住。

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

掲示板

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:そお風
ももふもさん、こんにちわ。暫くです!お訪ねそして書き込みいただいて嬉しいです。

相変わらず御菓子などは焼いていますか。チョコレートなどは何もせずともぐちゃぐちゃになる時期ですねぇ。こちらは夜朝と寒いので、薄がけをかけて寝ていますよ。@@牧場のヒーターは点けっぱなしです。

「ちいさないきもの」、買いましたか!ね、良い本でしょう。でもそう思えるのは、昔そういう自然に自ら浸り、そしてそういうお子さんに恵まれているせいかもしれませんね。
娘さんがお母さんになった時、同じ本に同じ虫、生物たちが載っていて欲しいものです。絶滅していたとか、外国から来たのばかりになっていると悲しい。そういえばタマムシなんてのも、もう居ないかもしれませんね。
中学の頃かな、北杜夫のドクトルマンボウ昆虫記も興味深く読みました。マンボウは航海記の方が有名ですけどね。

署名へもご協力戴きましたか!有り難う御座います。本当にいつになったら、こんなこと止めなきゃって思うようになるんでしょう。企業も人も。

私の方も昨日今日と物凄く重く、エラーが出たり、コメント欄に数字があるのに、表示されませんでした。
そろそろ時期なのかな。去年はすさまじい妨害に遭いました。(別ブログ)

> できれば片方削除してくださいませ。

どろ神さまの方へ入ったのは消しておきます。
投稿者:ももふも
こんにちは。昨日、本屋で「改訂版 ちさないきもの−くらしとかいかた」と「改訂版 むし−くらしとかいかた」の本を見つけて、思わず買ってきてしまいました。
大人が見ても懐かしく、小3の娘は喜んで見ています。モンシロチョウの羽化を授業でやったのですがアオムシコマユバチにやられてしまい死んでしまって、急遽、家の山椒の木にいるアゲハチョウの幼虫を育てる事に。イモ虫は苦手だったのですが、学校の授業では仕方ありません。
でも、育ててみると結構かわいいもので、アゲちゃんと名前をつけて、蛹になり羽化の瞬間を見て、娘と一緒に外へ成虫を放した時は感動しました。
こうなると、他のアゲハの幼虫にも情が移ってしまって、もう駆除できなくなってしまいました。
もう食い放題です。おかげで山椒の木は丸裸状態に・・・ ごめんね山椒。
そうやって保護しても天敵がが多くて無事にアゲハチョウになれるのはほんのわずかです。自然とは
厳しいものですね。だからこそ、生あるものは大事にしなけばと改めて思うのでした。
だいぶ前になりますが”No!カプセル”署名させていただきました。去年救出した@@は1年たった今も元気に暮らしていて、それはとてもうれしいことなのですが、同じような状況で今年も売り出されているのをあちこちで聞くにつけて(今年は私はまだ目撃していないのです。忙しくて都内にでれません)胸が痛みます。長文失礼しました。
投稿者:そお風
おかいさん、またまた有り難う御座います。

>「ひろしまのピカ」

昨日ネットで本を注文したついでに検索したら、出て来ましたよ。英語版が。(買いませんでしたが・・)
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0688012973/qid=1122741558/sr=1-1/ref=sr_1_1/002-6809462-5478455?v=glance&s=books

おお、HP完成間近ですか!楽しみです。暖かいものになるんでしょうね。愛花ちゃんの例もあるし、あっと言う間にアイドルになっちゃうかも。人気が出ても遊んでくださいね。(^^;

助けた犬猫に避妊手術を受けさせ、貧乏になっちゃった犬猫おばさんもいますよ。でもひるまない。
マオアキラさんの文句あっか通信。http://litlog.jp/home/tomoni/
いえ・・、文句ありません。。<(__)>

タヌキばかりか、移入種もいっぱい繁殖してますからね。ヌートリア(おおねずみ?)なんて、私は見たことないけど。あれは関西以西にしかいないのかな。といえば、関東にはヤモリ居ないですよね。アオダイショウなどヘビは居ても。下水道などには、冬でも比較的暖かいから、ワニとかカミツキガメ、サメまで居るかもしれない。こどもの頃探検して遊んだんだけどね。今は何がいるやら・・恐くて入れない。。

リンクの件、有り難う御座います。宜しくお願いします!現在こちらからのリンクは遠慮させていただいておりますが、妨げている事情が止み次第させていただきたく思っております。日頃助けて戴いている方々にも同様、大変感謝しております。この場を借りて御礼申し上げます。
投稿者:おかい
「ひろしまのピカ」はすごいなーって思う本です! 同じ作家さんの本はよく知らないのですけど。

実はやっと、そろそろ、なんとか、ホームページができそうです。こちらのブログをリンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

動物病院に通っていると、「うちの子も瀕死の状態でうちに迷い込んできたのよー」という方が多いです。野良猫を助けてばかりの「猫おばさん」もいるらしいです。
反面、動物を放しちゃう人も多いんですよね。ソラがいた神社には、野良猫はもちろん、狸までいるそうですよ。
投稿者:そお風
おかいさん、コメントありがとう。何の偶然か私たった今、他の方のブログにコメント書いて来たばかりです。おかいさんとソラちゃんのこと、匿名ですが紹介させてもらいました。

「ひろしまのピカ」、御存知でしたか!ちょっと辛い本ですけどね。俊さんの生涯、ライフワークでしたから。美術館の受付けに時々出て来て、「こんにちわ」と気さくに頭を下げる姿、市ノ川沿いの葦の茂った裏の風景が今も目に浮んで来るようです。

私もブログというもの分かってません。でもソフトも技術もない私には必需の品です。次回はおかいさんのHPにトラックバックしてください。あ、ブログでないとそれは出来ないのか・・。私もこの前教えてもらって分かったばかりです。(笑)

ラッコ?の写真は見てもらえましたか?
投稿者:おかい
こんにちは。初めて投稿します。
ブログの仕組みがいまだによくわかってないので、コメントを書くことはせず、読むだけだったのですが、今回は「ひろしまのピカ」の文字を見て手が動きました。

小学校の図書館にたくさん置いてあって、とてもインパクトがあってものすごく心に残っている本です。
外国にもあるんですね、感動しました♪
AutoPage最新お知らせ