Worldwide windsurfing information weblog,,,だったブログです(^^)

2008/3/15

Where do you go, Gollito?  windsurfing general



Gollitoの動画(Eスライダー・スイッチチャーチョ・デイアブロ)をきっかけにフリスタのあり方というか、個々人の趣向がcontinentsevenの掲示板の一コーナー(「Where do you go, Gollito?」)で熱くディスカッションされています。

ContinentsevenでのBBS
http://www.continentseven.com/phpBB2/viewtopic.php?p=16646#16646

最初の投稿者曰く、"[freestyle] reached the point where technical difficulty overrides the beauty and smoothness. "(=フリースタイルは、もはや技術的な難しさが技の優雅さや滑らかさを圧倒する段階に来てしまった)。

多くの投稿(といっても6投稿のみですが)は、Gollitoの才能に敬意を示す一方、現在の複雑多岐なフリースタイルに困惑している様子です。「技術的に難しい技よりも、シンプルだけどスタイリッシュな技の方に魅力を感じる」という意見が大勢です。

個人的には僕もそう考える一人です。上のゴリットの技は凄いですが、もう動画を見て以前のような驚きは感じなくなりました。複雑で理解不能になりつつ技やフィンが抜けているのか抜けていないのか分からずにナントカ720、900とかいう名前がつく技よりも、トンキーが見せる高さと飛距離のあるスポック、着水後もプレーニングを続けるウィリースキッパー、タティのキレのあるスポックの方が見ていてスカッとしますね^^。 

写真はCabo VerdeでのJosh AnguloとBjorn Dunkerbeck。

クリックすると元のサイズで表示します
photo from PWA official website
0
タグ: Gollito freestyle el yaque



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ