【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まさる
岩本さん!あんたどう思う?
>「それでも死刑に反対する」−森達也、菊田幸一(第  三文明、7月号)
森(映像作家、通称森ブー)って言う人は上の文章をはじめ、あっちこちでおなじようなこといってるけど、どうゆうつもりだろう。
若いころ、半年ばかり禅寺で修行の真似事をしたっていってるが、言う事はキリスト教の博愛主義者気取りだね、だって上の文も含めとどのつまり「右の頬をぶん殴られたら、笑って左の頬を出せ」或いは「汝の敵(ex,オウム、北朝鮮)を愛せよ」っていう趣旨でしょう?
立教大OBの鑑かな?
まあ、願わくば非暴力主義を教義の表看板にするカルト教団でも興して、オウムの脱会者を集めて面倒を見たらどうかと思うが。
今度、森くんに会ったら言っといてよ。




 
投稿者:ヨッシー
バーヴィン師逮捕は当然
・悪いことしたから
・毒ガス殺人集団の裏金を解明するため
・現役信者だけ逮捕すると法の下の平等が崩れ「オウムへの嫌がらせ」と言われるため


> 怒りに目を血走らせてキーボードを叩いてる情景が目に浮かぶような文章

何か指摘に答えずに論点を摩り替えて茶化してごまかしたような・・・。


http://images-jp.amazon.com/images/P/B00005G8SX.09.LZZZZZZZ.jpg
投稿者:tomogon
ふふ、面白いですね。
金儲けフリーライターさん、実は一番自分が何にも動けてなくて、考えてばっかりで、頭がいっぱいになっちゃった感じが…

プロはこうでなくちゃいけない、とか、そういう「絶対」は、少なくとも芸術の世界には無いと思うけどなあー
とりあえず、隠れ反日共アカだけど、物書きとしてはそれなりに力があるぞ、の、いわたろ、がんば。
っつうのか、今のネット、読む価値があるとこなんて殆どないし、オフ会だって、金を払っても会いたい人間は見向きもしてくれないのだよ。
だから、いわたろちゃにもガンバして、私の暇つぶしに貢献しろって。
悪いけど、俺から見れば、江川も森も同じ。どっちのシンパにも死んでもらいたいんだよ。
何かよっぱらった。まんこ、

http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/index.html
投稿者:takitaro
>怒りに目を血走らせてキーボード
>を叩いてる情景が目に浮かぶような文章

うーん、私はそうは読めなかったですけど。
 というか、失礼ながら、岩本さんの書き込みが焦っているように感じました。

 西村さん日記リンクから知ったのですが、森さん彼の社会復帰云々を行っているのですね、なんとも、と思いました。

 映画A、A2の存在により、2人とも、いやそれ維持用の人たちが「脱会」も「社会復帰」も、しにくくなっていることを、よくもまあ知らない振りできるものだ、と。
 ルビコンの川を、麻原さんでなく、なんと外の人が、渡らせてしまったのだから。



http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/
投稿者:やじ@オウマー
>人権団体に対するお前の回答は、誠意が全くなく、プロとしての良心もない。
森ブと一緒くたにされたり、自称「じんけん」団体への回答をあげへつらわれたりと、フリーライターさんも大変ですなぁ・・・。

岩本さんの文章は、森ブのようなアカとはちょっと違う毛色を感じるので、けっこう好きですよ。
今後も「お金のために」で結構ですので、真理の団体について、どんどん情報を収集してください。楽しみにしています。

byやじ@オウマー(ソンシ原理主義者)
投稿者:岩本太郎
 そうそう、あれってどこまで決め込んであるのかってのは興味ありますよね。ちょっと前に前田日明が何かの対談で「自分たちのころは結末だけ決まってて、あとはみんなアドリブ」って言ってたけど、一方で「ハッスル」なんかは週刊誌に台本すっぱ抜かれたりしてたし(笑)。団体によって結構違うんだろうな。
ミスター高橋etcによれば、プロレスは「勝敗は決まっているが試合はアドリブ」だから試合そのものには台本がないようですが、故荒井昌一氏(元FMW社長・自殺)の本によれば、杉作J太郎氏に試合内容でない「ストーリー」を依頼した事があったそうです。

http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ