【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩本太郎
>ユキノさん

 ご愛読感謝です! ただ、とりあえずイランより先にイラクの話(映画評だけど)を書いとこうと思って(笑)。しかし自分のブログで自分で勝手にシリーズをはじめて、それが自分の首を締めることになろうとは予想だにしていませんでした(泣)。ともあれ、もうしばらくお待ちのほどを・・・。
投稿者:ユキノ
えー、岩本さんの旅の話ィー? 楽しみですー、ホント。
東欧、バルカン諸国もですが、イランはぜひ行ってみたい国の一つです。
そもそも「カンダハール」以降イラン映画観るようになって、ですが。
中国奥地、砂漠の方を歩いて旅した人が、やはりいかにハードか語っていました。
中南米をチャリで1年縦断したヤツとかね。タフにならざるを得ません。
日本の本州をスーパーカブで縦断したねえちゃんとかね。
私はバンコク経由インド半年が一発目だったので(それよりもNYC一回目の方がこわかったし、バルセロナもなかなか治安が悪い。)、
そこそこ地を這う旅は大丈夫なつもりです。

でも、今は日本も、東京、地方とも居づらさ、窮屈さを感じます。
他人と深くコミュニケーションとりづらいからかも知れません。
鬱の人が多いし、町を歩いていても会話が少ないような。

日常は旅、世界観劇場。どこへ行っても自分は自分。
いろんな国、いろんな職場、いろんな場でいろんな人たちと接して、
それを生かして進めればいいな、いいことはシェアーできたらいいな、と思っています。

http://yesnono.hp.infoseek.co.jp/sonzai.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ