【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩本太郎
>Kobayashiさん

おつかれさまで〜す。
え、NIPPORO、私まだ読んでないんですが、そんな話まで載っけられていたんですか(汗)。

徴兵制を採っているドイツ軍には兵士組合(兵士の労働組合)や、上からの意に添わぬ命令を兵士が拒否できる「抗命権」が認められており、それによってシビリアン・コントロールを担保している――という、小川和久さんから聞いた話の受け売りをつらつらとしゃべったんですが(苦笑)。

ドイツじゃそうやって労働組合がシビリアン・コントロールをやってんだから、日本のテレビ局の労働組合も「マスメディアへのシビリアン・コントロール」をやれるぐらいになったらどうか……という、自分でもかなりこじ付けだなと思う論旨で話したので、聞いてるほうも呆れたんじゃないかと思っていた次第(^_^;

>ホントに元気なのか??と内省モードです。

うん、でも人間と同じで「市民メディア」も元気な時もあれば、調子を崩して辛い日々を送る日もあり。
気持ちが沈みがちな時でも焦らずじっくりやっていくのが一番。Take It Easy! です(などと自分に言い聞かせるように書いてますけど)。
投稿者:Kobayashi
どうも!OurPlanet-TV の小林です。
NIPPORO 、読みました。
「抗命権」のくだりが面白かったです。
市民メディアが元気…という励ましをせっかくいただいても、ホントに元気なのか??と内省モードです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ