【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩本太郎
>takitaroさん

ごぶさたしてます。
そうですねぇ。彼の場合は「無知の涙」って落としどころには行かないでしょうが、でも「孤独の涙」はあったんじゃないかな……と。

いずれにしても今の状況では何とも。でも、そういう詩がもし書けるようになるのであれば、是非読んでみたいものですね。
投稿者:takitaro
この詩、一度読んだことがあり、実に記憶に残る詩ですよね。
そうか、生きていれば58歳か。
麻原さんもいつかこんな詩を作るようになればなぁと思うが余りに違うかな。


http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ