【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:上越です
や〜、
さきほど横浜の娘から連絡が入りまして、
今さっきブログを拝見しました。
(やっとそんな余裕が…)
携帯の留守電はどうやらスルーしていたようで
気付かず、すみませんでした。
(地震発生緊急メールに登録しているので連日余震の告知メールで携帯がパンクしてます)
あらためまして、
お見舞いありがとうございました。
なんとかやっております。

上越市は柏崎と隣接、というか、
全国最多の14市町村が合併したため、
市内でも震度がばらついたんですよ。
最大震度6弱エリアから4までという状態。
自宅は5強でした。
同程度でも、3年前の中越地震より
大きな、気持ちの悪い船酔いでした。

地震発生10時13分、
会社に出てから出動〜
市対策本部からの第1回目中継が11時半でした。
(少し遅かったかな)
もっとも、本部も情報収集始まったばかり、
まさに市内の被害が大きくないことを
祈りながらの初動でした。
今までのところ、
震度6弱地域を中心に震災情報、ライフライン情報を絶えずコミチャンで放送しています。
行政情報も2転3転したりするので、
結果的に誤報があると、
地元の学校や道路管理者からクレームが入ります。
リアルタイムで出す情報だけに不可抗力もあり、
なかなか気が抜けません。
災害対策本部の会議風景は
そのまんま丸映し生中継です。
これは去年、
当局と行政で災害協定を結んだ結果の取り組み。
なれど、「本番」は今回が初めて!
非常時だけに、
映される側はカメラを意識する暇もなく、
市長以下、お役人の顔、声が
そのまま震災の「表情」を伝えるという状況。

行政が記者クラブに配信するクールな情報とは
まったく違います。
おそらくこんなの市民も見たことが無い。
一見、垂れ流しのようですが、
なかなかのリアリティではないかと思います。

そろそろライフライン復旧も落ち着きましたが、
今後は、
上越市でも自宅が使えない人が相当数出そうだし、
見えない被害、心のケアもある。

あすから
隣人ボランティア活動が始まる予定です。
同じ地域内で「弱者」を助ける、
自前ボランティア調達ですね。

ここは「柏崎ではない被災地」だから、
全国放送や県域放送も取材に来ない。
地域メディアの使命というものを
考えながら走る夏になりそうです。

長文失礼しました。   あらかわ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ