【元祖】岩本太郎ブログ2005-2009(私の退屈な日常)

あるいは私はいかにしてフリーライターから進化して100円ライターになったか

 

管理人プロフィール

岩本 太郎(いわもと・たろう)    1964(昭和39)年名古屋生まれ。静岡市育ち。岩手大学人文社会科学部卒業後、1988年に東京へ。広告業界誌の編集者として2社で通算約6年半勤務した後、1995年にフリーライターとして独立。放送・出版・広告などマスコミ界の動向に関するレポートを主に手がける。また、オウム真理教(現・アーレフ)問題など、社会的に話題を呼んだ事件の現場ルポ等にも取り組む。共著に「ドキュメントオウム真理教」「町にオウムがやって来た」など。 email HZU00512@nifty.ne.jp

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:岩本太郎
>東大院生さま

 書き込みありがとうございます。

>引きこもりというか根暗な性格の奴が
>他国を槍玉にあげて自己の無力感や無能さを
>何とか払拭しようとしてるんでしょう。

 概ねそういうことなんでしょうね。
 私も件のシンポジウムの席上「ああいう中国批判をいくらやったところであんまり意味はない」と発言したわけですが、敢えて「まったく意味がない」とまで断言しなかった論拠の一つは、ご指摘のようなセンズリ右翼のオカズ用に「意味のない中国批判」をさせておくことも福利厚生的な意味があるのではないかと思ったからです。彼らが「自分も社会において意義あることを言えた」と自尊心を回復できるならばそれはそれでよいでしょうし、一方で北京五輪や四川地震にかかりっきりの人たちからすれば、そんなのはどうでもいい話でしょうし。

>西尾さんなんかも感情論的で嫌ですね。
>西部さんのようにアメリカと中国を
>同等に批判するならわかるんですけど、

あ〜、でも私自身は、初めてお会いした西部さんと西尾さんの御二方に対しては、どちらにも個人的に凄く好感を覚えました。御二方は互いにキャラクターとしては正反対、思想的にはどちらも私とは正反対(?)ですけど、御人柄としては凄く魅力的な方々でしたよ d(^-^)
投稿者:東大院生
岩本さんの言う通り今の中国批判ムードは気持ち悪いですね。引きこもりというか根暗な性格の奴が他国を槍玉にあげて自己の無力感や無能さを何とか払拭しようとしてるんでしょう。西尾さんなんかも感情論的で嫌ですね。西部さんのようにアメリカと中国を同等に批判するならわかるんですけど、中国や韓国に対してだけパトリオティックに反駁するのは悪しきナショナリズムの形態と言えますね。
投稿者:岩本太郎
>若ハゲさま

どうもありがとうございますの岩本@同じく若ハゲです(^ ^;

おっしゃる通り東アジア共同体「マンセー」ですよね!

あの日に九段の大ホールにいた約200人とかの方々などから日本国民代表団を選んで、13億匹のサファリパークのど真ん中にでも叩っ込んでやったら、竹島をどうにもできないお前が尖閣諸島の心配したってたいして役に立たねーんじゃねーか(喧嘩よわそーだし)みたいな想像力が少しは働くんではないかという愚考もしたりする今日この頃でした。ではでは〜♪
投稿者:若ハゲ
しかし、人間サファリツアーを体験できるなら、私は東アジア共同体もなかなか悪くないなと思っちゃいました。岩本さんも斎藤さんも、実はそれを楽しみにしてるんじゃないですか?それにしても中国人は面白い遊びを考え付くものですね^^
投稿者:岩本太郎
>まみさん

 どうもありがとうございます。

 あ〜、でも「普通に会社で働く人や、主婦」の中には「普通の意識」で「中国大好き」という人や「今の中国批判って変だよね〜」という人もいますよ。ですからあまりそこで御自身の価値基準を「普通」とされないほうが御自身のためでしょうね。あなたが「普通」の方である証拠がここでは何一つ提示されていないわけですし(苦笑)。

 ちなみに私が「ずれている」というのはまったくごもっとも(笑)。というか、意図的に場の空気とずれることを言うのが私の役割だと自認しておりますので、おっしゃるような「よくこんな人討論会に呼んだなあ」という御意見は、チャンネル桜さんに言ってくださいませ(^-^♪

 青木さん、ほんとに最後はキレてましたね〜。横で拝見していて面白かったです。というか、そういう展開まで持ち込めたことに私自身は壇上で非常に満足感を覚えていた次第でした。たぶん映像にもそんな表情で映っていたんじゃないかな?(笑)。
投稿者:岩本太郎
>とりあえず投稿者さん

 どうもありがとうございます。
「ピエロ」というか、あの日は私の役回りはプロレスでいうところの「ヒール」だなと思いながら登壇しましたね。そのぶん自由にやらせてもらえたという感じで、むしろその意味では「ベビーフェース」役のみなさんのほうが、むしろフラストレーションを抱えられたんじゃないかと思います。って、実は最初からそこを狙ってたんですが(笑)。

>意味のない物は自然淘汰されていくものです。

 本当にその通りですね。でも、ここでそれを言ったらかわいそうですよ(^ ^
投稿者:まみ
チャンネル桜の番組見ました。岩本さんが、ひきこもりとかが反中を
煽って・・うんぬんみたいな事を仰っていましたが、ひきこもりでない、普通に会社で働く人や、主婦も普通の意識で中国批判をしていますし、そういう感覚が、ちょっとずれてると思いました。あと、水島さんに領土問題について聞かれて「専門家じゃないからわからない」と仰っていましたが、なんて言うか、サヨク学生の延長みたいで、よくこんな人討論会に呼んだなあと見てて呆れました。
青木さんが同じ壇上でキレるのも仕方ないかなと。苦笑
投稿者:とりあえず投稿者
お疲れ様でした。
まぁピエロとは言え踊るのも労力ですし。

それと意味のない物は自然淘汰されていくものです。
投稿者:岩本太郎
>tamtamさん

 おお、熱のこもったコメントをいただき、本当にありがとうございます!

 やっぱし、そういったコメントをいただくところまでいってこそ、わざわざ九段会館まで売名&売国行為を働きにいった甲斐があったってもんですね。もったいなくも「桜」からもギャラをいただけたことだし(笑)、おかげで楽しい連休になりました。

 何よりtamtamさんに「こいつに対して何か言っておかなくては」というくらいに私の存在を意識していただけたことが嬉しいです。内容自体は失礼ながら私があの日も壇上から申し上げた「意味のない」ものですが(笑)。

これからもtamtamさんよりどしどし「意味のない」コメントをいただけますような「浅い」主張を思う存分展開してまいりたいと思いますので、どうか今後とも何卒宜しくお願い申し上げます(^-^)b

>mamosさん

 と、まあそういったコメントも当方にはいただいているので、あんまり「営業妨害」とかの心配なさそうです(笑)。
投稿者:tamtam
基本的に岩本さん三上さんとかが仰ることは、20年前、30年前以来の一般論ばかりで、聞いていて説得力が全く無しでしたね。今更・・・。やはり西部先生の深い国家感、青木さんの現実の実態の話。これでは、西部先生が苛立つのが良く分かります。分別の分からぬ少年がナイフを持って騒動をおこしている、ホトホト手を焼く分別のある冷静な大人。こんな関係のように印象付けられました。それぞれの国の歴史、文化、言語、宗教など、その成り立ちがあるわけで、杓子定規な一般論で片付けられないのだから。だから、国家なのだと思います。そんななかで、誰でもどこでも仲良く理解しあおうなんて無理があると思います。だって、それぞれの国家には、戦略があるんだから。あって当然なのだから。それが、どうして戦争に向かう事だと、結び付けてしまうんだろうか。それは基本的な国家戦略を持ち得ない人が、いつも言う事なんだ。・・・みんな仲良く話し合う。歴史上、あらゆる国の成り立ちをごらんなさい。・・・もっと言いたいけど、ここまで。岩本さんへ。あなた、浅いワーーーー。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ