お願いなど  
はじめてコメントを下さる方に。
当ブログの記事を引用・利用される方に。
メールにて連絡を取りたい方に。

なお本記事はトップ記事として固定します。


続きを読む

2019/4/19  12:43

(無題)  ネタの元


たしか今夜あたり満月だったよな、と思いながら
例によって国立天文台を見に行く。
暦計算室>今月の暦と入ると、
満月は今夜の20時12分とかいてある。
で、なになに
東京の正午月齢は13.8
月南中は23時55分とな。

ついでながら、先月の暦を見ると
満月は21日の10時43分。
なるほど春分の日の満月か。
春分そのものは6時53分と書いてあるけど、
同じ日のウチだからイースターの日程としては
一月後になるわけか。

さぁ明後日はいよいよイースターだ。

まだなんも準備できてないわ…。


2019/4/17  16:58

(無題)  


例によって、
手放したら日経平均がドンドン上がり始めた。
冷や汗かきまくったのは何だったのやら。

さぁ次はいつ買おう。
買ったら下がることは分かっているんだが。


2019/4/15  20:59

(無題)  


メモリスティックはどうにか土曜日の夕方ウチに
発見。すでに週報は以前の書式を元に19年度の
データに全部造り替えた「直後」だった。

やれやれ、である。
土曜日の忙しい時に、捜す時間と
結果としてムダだったような気がする
データの入れ直しとで2時間ばかり損した。

やれやれ。

まだ体調が万全でない。
年度の変わり目って寝込んでる場合じゃないんだが。

2019/4/13  13:17

(無題)  修行中


ようやく起き出したのはいいが、
仕事の材料全部入ったUSBメモリが見当たらない。
いつも一緒に置いてあるハズのパソコン小物一式は
いつもの場所にあるんだが…。どういうことだ。

週報書式作り直し、と、まではいかないが、
週報データイチから全部入れ直し?
やめてほしいわ。

なんで主日礼拝の準備の邪魔するんやろ?
われわれの神は?

2019/4/12  20:11

(無題)  


新年度と同時に?花粉症でダウン中。
ただの花粉症ではなく、ジワジワ溜まった
疲れが一気に吹き出しているのだと思う。
考えてみたら、この冬はダウンしていないと思うし。

明日こそもう少し元気にならないと
日曜日の準備がととのわないことになる。

早く本復したい。


2019/4/5  19:43

(無題)  


面白い?記事を見つけた。

タイトルは
便利だけど万能じゃない!? 急増する自動ハイビームの実力と落とし穴
だそうだ。

記事が主張したいところとは違うのかもしれないけど、
2ページ目を見ると、

●テスト2

 オートハイビームによりハイビームで60km/hで走行。対向乗用車・バイク・先行乗用車・自転車・歩行者という対象物に対し、ロービームに切り替わる距離を測定。

【結果】

 車両に対しては、対向乗用車/約750m手前、先行乗用車/約580〜670m手前、バイク/約190〜490m手前と、充分な距離を保ってハイビームからロービームに切り替わったが、自転車と歩行者に対してはロービームに切り替わらずハイビームのままだった。


緑文字が引用部分。

とすると、夜中とか明け方は別として、普通の夜の時間、
市街地でハイビームにするタイミングなんて実質ない、
ということだよね。

それって、ハイビームが基本です、って言えるんだろうか?

2019/4/1  18:49

(無題)  修行中


新しい年度に入った。
ちょうど月曜日である。
(ホントは週の初めは日曜日のはずではあるが)

考えてみれば、
10年一昔、転職して11年が過ぎたわけだ。
説教集なんてものを出せる器量があるとは
もちろんのこと露ほども思っていないけど、

11年分の礼拝説教の箇所とタイトルと讃美歌を
一度一覧つくってみても面白いかもしれないねぇ。

2019/3/30  15:22

(無題)  趣味のこと


昨夜はパソコンが起動不能になったかと思って
冷や汗をかいた。

夕方、一度電源を落としたのだ。
バッテリー駆動してた。
その時、なぜかwindowsの構成更新が始まる。
電源切ったはずなのにランプ点いている、と思って
モニターを開けたらそんな画面が。

やっかいな。バッテリーの時にやるなよ、と
思いつつ、しょうがないのでAC電源を繋ぐ。

数分後、起動中ランプが消えたので、
あらためてACを外した。これがいけなかったか?

買い物に行って、帰ってきて起動したら、
構成更新が終わってない。
延々と更新中100%完了が出続ける。

30分ぐらい100%になっていただろうか。
ふと見ると、クリーンアップ中などという
いつもは出ないメッセージが出ている。

最終的にはどうにかなったが。

そしてそのせいかどうか。
ルータとの接続が墜ちた。

ルータのマニュアルを引っ張り出すハメに。

ということで1時間ぐらいバタバタした。
まぁ土曜日でなくて良かったと思うことにしよう…。

2019/3/29  18:54

(無題)  修行中


なんとなく分かっているつもりで、
実はよく分かってないというか、
少なくとも簡潔には答えられない
事柄は少なくない。

先日、(出身神学校的にリタージに弱そうな)人から
リタージーな礼拝って結局何だろうか?と聞かれた。
実はコッチもそんなにちゃんと勉強したわけではない。

いろいろ考えたのだけど、こういうことになるだろうか。
理解するのではなく感じる礼拝である。
五感のすべてで聖霊の働きを感じる礼拝である。

カトリックや聖公会の礼拝に出てみると…

視覚情報は圧倒的に違う。
聖画、キリスト像、典礼色の布、ロウソクの炎、司祭の服装。
ウチも典礼色の布だけは目に入るようになってはいるが…。

嗅覚情報が「ある」。
ロウソクの匂い、炊かれる香の匂い。
そんなものはウチの普段の礼拝にはない。
あっても夏場の蚊取り線香の匂いである…。
アドベントとクリスマスにはさすがにロウソク点くけど。

触覚情報の量もまるで違う。
立ったり座ったり前に出たりというのは重要な触覚情報だろう。
そして聖体拝領で前に出れば(たいていのカトリック教会では
そこの信徒さんに連れ出される…(苦笑))司祭が手を置いて
祝福してくれる。まさに触角情報である。
メソジストの聖餐式だったりすると跪いて受け取る。
聖公会だと祈りの場面でも跪く。

味覚は…、これはさすがに、というべきか。
むしろカトリックだと一種陪餐のところもあるわけだが…。
でもウチは毎週聖餐式やっているわけじゃないよなぁ。
二種陪餐であってもやってなきゃぁ味覚情報はゼロなわけだ。
一つのパンを裂く、をやっていれば触覚情報になるかもしれない。

聴覚は、これはこれで福音派あたりが一番進んでる?
伴奏もオルガンに限らないだろうし。
教派に依らず聖歌隊の有る無しは大きいだろうか。

とはいえ、カトリックや聖公会だと歌い方も
斉唱だけではなく朗唱や交唱もあるわけで、
そういうバリエーションの有無も大きかろう。

讃美歌だけではなく、とりあえずウチの場合だと、
使徒信条や主の祈りや詩編交読でどれだけ声が揃うか、
なんてこともあるかもしれない。

こうやって考えていくと、
会堂の造りが対応しているかどうか、もあるね。
いろいろあると思うけど、たとえば講壇正面に
ロウソクを置くスペースがないとどうにもならない。
今までに経験した、あの会堂、この会堂、と
思い起こしてみたが、いろいろあるね…。


ともあれ、
ウチには無いものも多いけど、無い物ねだりをしても
しかたがない。あるもので工夫するしかないね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ