I have interest of 100 times of the interest your person to talk to faces each other about you, and to have for own thing. Even if the great famine to starve to death of 1 million people is caused in China, for the person in question, one's toothache is a much more serious case. The swelling that I was able to fire is big subject of concern than 40 times of earthquakes were generated in Africa. When I talk with a person, I want you to think about this well.

 

DMできました  日記

クリックすると元のサイズで表示します

記録集というか図録をまだ作成中です。
4月6日には入稿したい・・・・
0

 

黒田材木店さんを支援したい  日記

1

2019/4/13

ボーッと生きてんじゃねーよ  つぶやき

昨年、何かの番組で池上彰さんが紹介していた『君たちはどう生きるか』は、懐かしい本のタイルながら、「相変わらずズシンとくる題名だよなー」と思ったものです。
短大の時、教師の資格を得るための教育課程を受講していたとき
夏休みの宿題で、これを読んでレポートにまとめよ・・・的なことがあったと思う。「読め」っていうだけだったかなぁ?定かでない。

神谷美恵子の『生きがいについて』も、おもーい内容だけど、生きているからには「生まれてよかった」と思える思い出の何か1つくらいは、持たないとね。
0

2019/3/29

夢 20190328  日記

不思議な夢をみた
ヨーロッパらしい町をあるいていて
なぜか、鳥居があり
石造で
なぜか5角形か6角形か8角形かわかならいけど
角張った柱の鳥居で
不思議に思い鳥居の先にはいってみた
本殿ぽいものがボワーッと存在感ないけどある
左手に小さな祠のような
慰霊碑のようなものがあり
若くして亡くなった女の子と感じさせるものがあり
前に1冊の本が置いてあった
タイトルはわからないけど
「今和次郎」の文字がみえた
不思議におもっているところで目が覚めた。
目がさめると大概、夢の詳細は覚えていないのだけど
今回はわりと細かなディテールまで覚えていた
「今和次郎」は、目にした覚えのある名前だけど?
実際そんな名前の作家さんがいたような気がするけど?
読んだことないよ。


先ほどググってみると
はたして、「今和次郎」は、存在しました。
民俗学研究者。 民家、服装研究などで業績があり、「考現学」を提唱し、建築学、住居生活や意匠研究などでも活躍した。 by wikipedia
0
タグ:  今和次郎 民俗学

2019/3/23

叶姉さま語録  おぼえ書

他人とわかりあえなくてもいいのだ!
つい、「なぜ、あ人は、ああなんだろう?こうなんだろう?」と考えてしまうのですが
それを止めたい!
しかし木になる。
人に興味を待たないのは是か非か・・・

自分のことしか話さない人にはうんざりすることもしばしば
会話がなりたたないから・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/22

イチロー引退表明  新聞・News スクラップ

お疲れさまでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/14

お礼状作成中  日記

クリックすると元のサイズで表示します



リターンの絵はがきももうじき到着
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/13

DM納品されました  日記

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/4

京都のまちは・・・  日記

3日、少しだけまちセンの「まちづくり講座オープンキャンパス」の梅林秀行さんのお話を聞きました。
まちづくりに関わる団体に対して「何か施策を提案されていますか?」的な問いかけがあっように思いますが
団体側はそれに答えることはできていませんでした。
施策を考える団体達でなかったので、当然ですが、、、
「景観は、人々の暮らしそのものが表出しているものだ」と景観エリアマネージャー講座を受けて、すごく色々考えて自分の中から導きでた1つの解です。
先輩の方々もそのようにおっしゃってました。
京都の人々がどういう暮らしを求めるかによって、京都の景観は大きく左右されちゃう、、、
先日、TVでイタリアのクレモナでバイオリンのストラディバリの今の音を残すレコーディング作業をしているというニュースが流れていた。
そのために、雑音が完璧にシャットアウトするために、町全体で断音とでもいうか、そういう取り組みをしていると。
期間中、町の中で自動車を通行できないようにしたり、大きな生活音が出ないように市民に徹底させるという・・・
市民にインタヴューしていて「当然のことよ」なんて答える人だけ写していたけれども・・・
絶対反対意見の人もいるはずだし・・・
音を立てずに生活するなんて無理・・・
こりゃ、この機会を生かしてどこかにバカンスにでも行くことにしないと・・・
と思ったのでした。
しかし、経年変化していくであろうバイオリンの今の音色を永久保存するためのレコーディングしようという発想や、町の音を消すという思い切った施策に答える市民・・・
京都で、町家を京都らしい町並みを残すために、市民に不便を強いるような施策が出されたら、京都市民はどう反応するだろうか・・・と考えながら昨日の話を聞いていました。
0

2019/2/2

スターウォーズの『ローグ・ワン』  映画・DVDなど

昨夜、スターウォーズの『ローグ・ワン』をテレビでやっていましたね。
スターウォーズのストーリーは本当によく出来ていて、ワクワクドキドキしながら大人から子供まで一緒に観られる映画、、、、と思ってきましたが
よく考えたら、「スターウォーズ」っていうくらいだから、戦争映画なのですよね、、、
戦争の非常事態には、人殺しが正当化される様を、見せつけられているわけです、、、
映画だし、ロボットが出てくるし、悪役側の戦士はロボットなのか人間なのかわからない戦闘服きているし(ストームトルーパー)、撃たれるシーンでも血が飛び出るとうな演出はなく、リアリティがあるようでない。
太平洋戦争で、沖縄や、東南アジアの諸国で本土が戦場になって、弾丸が飛び交う様を実体験された方々は、この「スターウォーズ」を正視できるのかしら?
とふと考え込んでしまいました。
反乱軍の人々、一人一人に人生のドラマがあり、大義のために命を危険にさらすことを厭わないところが美徳として語り継がれていくことに、違和感を覚える今日此の頃です。
しかし、ワタクシ「スターウォーズ」エピソードのそれぞれをしっかり覚えていなくて、同じものを何回みても、夫に「え?この話はいつの時代?」などと聞いてしまいます。それで、「このシーンは最後に、あれにつながって、あーでこーで」と説明してもらい、漸く、思い出し「あー、そうだった」となります。
「しかし、毎回同じ質問してきて毎回同じところで感動して泣くな。面白い奴。」と言われてしまします。
「スターウォーズ」の描き方に、疑問を思えつつも、やはり感動しちゃう、、、なんだかなぁ、、、自分に対して矛盾を感じます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ