ただのバイク馬鹿とアニヲタの備忘録
初めてこのブログを訪問された方へ  日記

はじめまして『とも』と申します。
本名などはレースのリザルトを見て頂ければ分かってしまうのですが、こちらではネット名のままで失礼させて頂きます。
今年2019年の1年間だけ限定でロードレースでの国際ライセンスを目指しています。
自分自身の今までの締めくくりとして国際ライセンスを取得する事を期間限定で目標と決めました。
引退する訳ではないですが、ここまでやってきた何かを得てから一線を退きたいと思ったので…。
何にせよ目標を達成する為にも努力精進して行きますので、応援の程よろしくお願い致します。


続きを読む
0

CBR250RRの修理はほぼ終わり  日記

さて、少しずつ進めていました外装のFRP補修や、買ったタンクの載せ換えなどがひと段落しましたので簡単にですが。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まず直す前の状態はこんな感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します
最初はタンクカバーの修復から。
真ん中の部分が完全に割れてるので、この部分の裏を紙ヤスリのかなり粗いので削りました。
番手は100〜180位を使用。
ある程度均したら養生テープで固定して、FRP樹脂を塗ってガラスマットを細かくしたヤツを貼り付けて固まるまで放置。
固まったら飛び出しているガラスマットを紙やすりとかサンダーとかで削り形を元に戻します。

次は時間がかかるであろうシートカウルを。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
シートカウルはシートレールに取り付ける為のネジ用の穴が壊れてるのと、後ろの方が面倒な壊れ方しているので手間だけはかかりそうな感じです。
なのでまずは、ネジ穴部分を簡単に作成。
このネジ穴部分は再度厚くする為に、FRPを貼り付けます。
その他部分もタンクカバーと同じようなやり方で補修しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

反対側も同じ様な作業で補修しました。
ただ1度手抜きをしてやろうとしたら失敗したので、結局手間を惜しまずにやるのが1番でしたね。
ネジ穴の部分も厚くしてFRP補修はほぼ終了しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そこそこ見れる形にはなったので満足です(笑)

そんな訳で、簡単な補修でした。
ある程度のFRP補修なら時間はかかりますけど何とか出来る様になってきました。
それ以外も色々とやってるので、それはまた後日ご紹介。
0

マシン修復の始まり  日記

まずは潰れたタンクは借りたままと言う訳にはいかないので、ネットオークションを漁ってめぼしいタンクをウォッチリストに入れて金額と送料に折り合いが付きそうな値段を入札しました。


そうしたら落札が出来たので、商品が本日無事到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
新品で購入した場合の半額くらいで落札出来たので充分ですね。
それに思っていたよりも綺麗だったので良かったです。

これで歪んだリヤホイールを修正で直してもらって、それが返ってきたら車体周りはアッパーカウルステーを新品にすればほぼ元通りになりますね。
フレームは今シーズン中に直すのは難しいと思うので、機会を見て直したいと思います。
メインフレームの部分が致命的な曲がりが無かったのが不幸中の幸いですね。

それ以外はカウル類をFRPで直していくだけですかね。
シートカウルのFRP補修は手が掛かりそうですが、自分のFRP補修技術が上がると思えば楽しみな案件ですね。
今回は忘れなければ補修の段階を写真で撮ろうかな?


レースまで時間はあるようで無いですから、空いた時間でどんどんやっていかないとですね。
CBR250RRのエンジンOHも出さないといけないですしね。
0




AutoPage最新お知らせ