劇団東風
Vol.44
第34回公演
「おやすまなさい」



オフィシャルホームページは
こちら↓

http://www.tong-poo.org



代表挨拶〜コンシーアム公演パンフレットより〜  パンフのごあいさつ


ご あ い さ つ


 本日は、ご来場頂きましてありがとうございます。
3年ぶりの年2回公演、8年ぶりのアートホールへようこそ。

今から40年前。長野県警が浅間山荘に突入した2月28日に仕込みをして、さっき、やっとこさリハーサルと通し稽古をこなし、そとに出ると、こんもり雪が積もってました。
雪かきでお疲れのところ、また、お足下の悪い中、重ねてほんとうにありがとうございます。


 40年っていうとね、実はボク、今年、40歳になるんですよ。
二十歳で旗揚げしてなんたって二十年ですからね。もう「若手劇団」とかって言ってられないですね。
・・・うん。 言ってられないな・・・。前厄だし・・・。
あっ、でも「厄払い」はしませんよ。役者は「やく」を払うと良くないそうですから(笑)


 四十歳っていうと「不惑」です。
僕らにとって「不惑」というと「不惑の大砲:門田博光」です。

「アート」ではなく、「アーチ(ホームラン)」をかけるという意味で「アーチスト」と呼ばれてましたっけね。
ご存知「関西の老舗:南海ホークス」が「スーパーのダイエー」に身売りされ、九州・平和台球場に移転する1988年「福岡は遠い。子供の進学もあるから」と、3対1のトレードで関西に残る決意をしたことでも有名です。

 こんな選手いないですよ! なんという「家族想い」 しかもその3年後「子供も落ち着いたんで」と、あっさりホークスに戻ったんですから。 なんという「チーム想い」(自分勝手なだけか??)
 若い頃の野球ネタはこんなに覚えているのに、三連覇を狙うWBC日本代表の顔ぶれは全然覚えられません(オールスターよりまだ悪いもんね、実際)

 公演の一週間前だというのに先週末はWBCの壮行試合を9回ゲームセットまで観てました。しかも横になりながら・・・。あれだけ「うがい!手洗い!」と稽古場で叫んでいたのに、劇団代表自らインフルエンザにかかり「5日間の出勤停止」&「稽古場立ち入り禁止」&「自宅2階の客間に軟禁」でした。みんなごめんなさい。
 人間は「忘れることで生きていける生物だ」といいますよね?
「覚えたことは忘れる運命にある」とすれば、いつかぼくも門田博光を忘れる時がくるのでしょうか? あのゲーテさんは「若い時は”興味が散漫”なために忘れっぽくなり、
年をとると“興味の欠乏”のために忘れっぽくなる」と言ったそうですが、果たしてそうでしょうか?


 今回、念願だったくしろ高齢者劇団の皆さんとご一緒することができました。
ぼくの方は「四十にして惑わず」とはまだまだいきませんが、
皆さんは「七十にして心の欲する所に従って、 矩を踰えず」を見事に体現してらっしゃいます。
「七十になると思うままにふるまっても、それで道をはずれないようになった」という意味だそうです。一緒に稽古してて心から思いました。いい意味でも悪い意味でもですけど(笑) もう少しこういうおつきあいを続けていきましょうよ。この素敵な「世代間交流」を。


 この場を借りて、後援・協賛頂いた企業や団体の方々に、劇団員一同お礼申し上げます。
 そして、いつもいつもですが、僕らのやる気に理解を示してくれる職場の皆さん、僕らを支えてくれている家族みんなに、心から「ありがとう」と感謝し、幕をあげることにします。

 YMOの「TONG-POO」が流れますと、まもなく開演です。
 最後まで、ごゆっくりとご覧下さいませ。


平成25年3月3日
劇団代表 片桐 茂貴 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ