劇団東風
Vol.44
第34回公演
「おやすまなさい」



オフィシャルホームページは
こちら↓

http://www.tong-poo.org



見てる人は見てくれている。  代表から

本日(15日)付の郷土紙コラムにて、なんと社主自ら書いて頂きました。
ウチの劇団の公演にもご夫婦揃って毎回来て頂いてます。
ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

1月にあった高齢者劇団公演。
2月にあった地元凱旋公演。
そのどちらもウチの劇団が大きく関わっていました。

高齢者劇団の宣材では「協力」としてしか表記されていないのは残念ですが、
スタッフワーク・プロデュース・演技指導、もっと言えば、賞を取った「脚本着想」も元はと言えばしているのです。でも「協力」という表記だけ。

2月の地元凱旋公演も、このブログに書いた通りで、
こちらも「協力」というやや弱い書き方でしたが、
劇団東風は「地元・公演コーディネート」といっても過言ではありませんでした。


文中、
「舞台を見て、東風が見えた」と書かれておりました。

キチンとご自分の目で見て、その裏側を察し、
誰も(この公演当事者達も)していない形で評価して頂いています。

見てる人は見てくれている。
見れる人には見えている。
嬉しい出来事でした。

僕らに取って、自分達の芝居はもちろん大事です。
と同時進行で、
今回のように「面白い釧路の演劇」と言ってもらえるよう、
カゲ&ヒナタとなってこれからも活動していきます。


惜しむらくは、僕らの公演日時が「去年のもの」だということ。
掲載後、新聞社にもお問い合わせがあったようです。

正確には3月15日(土)
場所は砂川市。
「面白い釧路の演劇」を砂川に紹介してきます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ