2008/8/18

海の男に山の男  日常

次の舞台のことを考える時。。
私は基本、一人で舞台に立つのでスタッフとしてお手伝いに入ってくれる方の役割を考えてそれに合った方にお願いするようにしています。

いろんな方と接する中で向き・不向きっていうのが確実にあって、相手の方から自分の向き・不向きを教えられることもこの頃増えました。ありがたい限りです。
向いてない役割を与えられたとき、個で活動してる場合、修正が比較的可能です。
そう、過去の舞台のリハーサルで直前に進行を変えてお届けしたこともあります。舞台直前まで最善を考えます♪

しかし。。わかっているのかいないのか、その修正がうまくいかないのか、できないのか。。組織になると変ってきます。
違和感を感じる多くが 『海の男に山に行かせ、山の男に海に行かせている』といった状態。
能力が発揮できないのは惜しいこと。

組織にいるとそんなことをいつも感じてしまいす。
私は山に行くべきか、海に行くべきか。。 はい、私の行くべき道は今目の前にある道を恐れることなく進むこと。第一歩からです♪ 楽しくいくよ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ