2009/1/9

NAVA RASA G驚愕  NAVA RASA(9つの感動)


8つめは『驚愕』
幼いころに人を叩いたりしたら親や先生から注意、怒られたものだ。嘘をついたりしてもそうだ。そんな経験があって多くの人が「人を傷つけたり、嘘をついたりするのはいけないこと」という認識を持っていると思う。

しかし。。
残念ながら傷つけたり傷つけられたりすることが日常茶飯事のように起こっている。
悲しいけれど現実である。
さらに驚くのは 多くの人が「傷つけられた人」よりも「傷つけた人」の味方をすることだ。ここ数年、私はその事実に驚愕するのであった。

いろいろな状況によって、例えば 『多勢に無勢』だったり、『力関係』であったり、『損得勘定』であったりしてそうなってしまうのだろうが、いかがなものであろう?

私はかつての仲間だった(と私が勝手に思っていただけなのだろうが)人のそんな心を垣間見たときに思ったである。それって傷つけることとなんら変わりはないもの。
揺るぎない意思のもとに何が正しくて何がおかしいのかをきちんと判断できる目を持たないといけないと。

人の心はもろくて弱いもの。仕方ないとわかってはいるけれどやっぱり実際にそんなのを目にしたり感じたりしたら驚くよ。だって私も人間だから。

美しい舞いを見てもらいたいから、人の姿に学ぶことが多いこのごろです。


クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ