2009/1/25

『ムダ』ってなあに?  仕事

お稽古しつつ、派遣でいろんな企業で働いています。
いろんな企業で働いていると 何が正しいのか なんてその行った先々で天と地の差があるのでいやでも対応能力が必要になってきます。

ムダを無くして利益が出るのが一番。行き過ぎた経費削減は考えものですがやはりその姿勢のもとに動いている企業で働くのが一番お仕事がしやすいし楽しいですね。
その点、役所というのはやはり『異空間』に思えます。
『人』が根本的に違うのですよね。
私から見たらムダだと思われることがいっぱい。でも、彼らにとってはムダでなくそれが立派なお仕事。
『もったいない』と思わない日は一日もありません。
それは『時間のムダ』であったり、『資源のムダ』であったり、『人員のムダ』であったり感じるところは多々あります。

ムダをなくそう と叫ばれているこのごろですが、それ以前に『なにがムダなのか』を見極める目を持つことが第一の課題。

私が舞台を作る時(といってもミニミニの小さな舞台ですが) 人員は必要最低限しか置きません。ですが、その人の能力をめいいっぱい使わせてもらっています(俗に言う、『人使いが荒い』私でございます。。(恐縮))
でも、役割をきちんと決めて割り振りしているので、自分の役割を理解してよく動いてくれて逆に教わることも多々あります。

案外、企業って役割がきちんと掲示できてないところが多いように思います。
「決まりごと」をきちんと作っておのおのの役割と分担を決めるだけで仕事の効率や能率は
ぐぐぐっとあがるような気がします。
だって。。人間って本来、気持ちよく働きたいものですもの。案外、そのことに気付いてない人が指示にあたることが多いのが事実です。気持ちよく働かせてあげるだけで企業レベルもぐぐぐっと上がるような気がします。不景気な世の中だからせめて気持ちよく働ける環境に気遣いたいものです。
ねっ♪

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ