2009/4/26

『ごめんなさい』の効用  雑記

思わぬ失敗やミス、何気に言ってしまった不注意な一言、いろいろ人間は経験している。

『ごめんなさい』を言えない人とはいっしょに仕事したり付き合っていく上でほんとに困るのだが、逆になんでもかんでも『ごめんなさい』を言う人もこれはこれで困ったものである。何に対して謝られているのか判断がつかないからである。言われたほうは逆に戸惑い困惑し疲れ果ててしまうのだ。

登録のための情報にとある企業のメリットとデメリットをある人に尋ねたときのことだ。
その人は私がこれから登録しようと思っている企業に関していい感情・感想を持っていないようで待遇面の悪さ等を事実として述べていた。もちろん、何が良くて何が悪いのかは人それぞれで基準が違うからそれは当然のことだ。それをふまえて何が悪いのかを参考に聞きたいから尋ねたのだが、最終的に私は聞かなければよかったと後悔したのであった。

その企業の待遇等ではなく、その人の一言に疲れてしまったのである。
「正直に書きました、ごめんなさい」

なぜ謝る必要があるのだろう?? 正直に事実を話してくれたのだから私としてはありがたい限りだ。私が逆の立場であったら事実を話したあと、「だから気をつけてね」という言葉が続くのだが、この『ごめんなさい』とはなんなのだろう? 事実を隠して「いい会社ですよぉ〜」ということが彼女にとって謝らなくて済むことなのだとしたらそっちのほうが悲しくなってしまう。
人は誰も悪い人だとは思われたくない。むしろいい人でありたいと願っているものだと思う。ただ、すべての人に「いい人」と思ってもらうのは到底無理な話だ。そう、『いい人でいたいの』オーラが発散している『ごめんなさい』は人を疲れさせるのだ。

仮に「いい人」でいたとして憎まれないのか、嫌われないのかというとそれは別問題だと私は思っている。「いい人」であるがゆえにわけのわからない嫉妬や嫉みを受けて苦しんでいる人をたくさん知っている。必要以上に『いい人』であろうとする人を見るたび、感じるたびに少し悲しくなってしまう。

インド舞踊は表現の踊りでもある。「感情」とは複雑なようでいて案外、突き詰めていったら単純なものなのかもしれない。答えは。。人の心の奥底深く。。。かな。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ