2009/11/19

『個』と『組織』に学ぶ。。  仕事

大好きな印度古典舞踊の活動を『個』で続けています。それを舞台という形に仕上げるにはやはりお手伝いが必要になります。その都度言うことが変わるようないい加減な指示なんてできない。そう、お手伝いに入ってくれる人は的確な指示のもとに力を貸してくれるからです。感謝の極み。ありがたい限り。 『組織』にありがちな「人任せ」や「いいわけ」、「いいかげんな指示」などは『個』で活動する以上は通じない。そんな私が苦手なのはそう、『組織』。最近、また『組織』のいい加減さをどっぷりと目にし、うんざりしていたところへ心洗われるかのようなメールが届きました。お菓子を頂いたのでお礼のメールを送ったのですが、心温まる嬉しいお返事を頂きました。

『誤解を恐れずに言いますが、変な意味じゃなくて、○○(地名)の方々ってなんて言いますか、とってもドライで、もの凄くクールで、所謂、外資系の会社特有の、仕事とプライベートは別! みたいな、どちらかと言うと、冷たい人達? みたいな印象だったのですが、最初から「あれ?この人は、ちょっと違うかな?」って思ってました。で、こうしていつも、お礼のメールを頂いて、こちらこそ本当に、恐縮です。私は、完全なアナログ人間なので、いただいたメールを、いつもニコニコして、読ませていただいております。本当に、いつも、ありがとうございます。』

「人生、楽ありゃ、苦もあるさ」 「いいことと、そうでないことは半分ずつ」 「いいことも悪いことも続くことはない」 こーんな言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡っています(笑)

そうだ、そうだ、そうなのだ♪ いやだなあ。。とうんざりしていた組織の中にもこんなにいい人はいるのだ♪ この方だけでなくいつも仕事を横から助けてくれる人もいるし、人と人とのつながりを大切にしている人はいるのだ♪ このメールを頂いて目から鱗。。 棚からボタモチ(牡丹餅)的な気づきに心がリフレッシュ♪ 私の心が曇っていたなあ。。と反省。今度、この方が出張でこちらへ来られることがあったら、メールだけではなくきちんと挨拶に行こう♪ 
そんなふうに思った1日なのでありました。 すべてに感謝♪ 

クリックすると元のサイズで表示します
ほぐし絵画家 木崎久枝さんの作品
0



2009/11/20  6:40

投稿者:TOSHIKO

Junchan さま
コメントありがとうございます♪
私もぽつりぽつりとJunchanさまのブログに立ち寄ってお話を読ませていただいてるのですが、人や物をとても大切にされているのが文面からわかりますし、伝わります。落ち葉の役割と美しさのお話なんかは心にすーっと入っていっていい話だな。。と思いました。たくさんの人に読んでもらいたいお話がたくさん♪ 今度の舞台で私は「自然からの学び」をテーマに踊るのですが、落ち葉のお話、舞台でさせてもらいますね♪ ほんとご縁がご縁を呼ぶ。。いい展開を願って、ご縁に感謝。

2009/11/19  21:43

投稿者:junchan

『個』。『群』の中にあるからこその概念。『群』が無ければ『個』も、無い。
『個』が気楽である事に喜びを感じられるのも、『群』の不自由あってこそ。
十干十二支・木火土金水=陰陽五行、そして、インドラネット。
己が源。
ご縁に感謝。
貴女との出逢いに心より、感謝。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ