2009/12/31

『経・舞・染』DedicationA  日記

休憩の時間に有機栽培の身体に優しいお茶をお出ししてくつろいで頂いてる間に私はせっせと衣裳替えです。2部は小木曽ご住職と特別参加の持宝寺の井上上人、成就院の青山上人による読経、そして説法・話座です♪
クリックすると元のサイズで表示します

お経は生きている人のためにあるもの。。 お経の響きに改めてそのように思いました。心地よい韻の響きに心が軽くなっていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

日没の経、阿弥陀様のいろいろな名前が詠まれている経なのだそうです。時折、『極楽世界』等のわかりやすい言葉も入っていてほんとに心が軽くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

経の響きにただただパワーを頂いてる私です。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ