2010/4/14

「無駄」に教えられる  日常

中庸 というのを改めて考えてみました。
普段、派遣で働いているのでいろんな組織・企業で働いておりますが、見事なほどに私が行くところは思いっきり暇で何もすることがないか、極端に忙しいかのどちらかといえます(笑) そしてこの2つに共通するのは「段取りの悪さ」です。

業務の内容や量が把握できておらず、とりあえず、頭数を揃えておいたら安心 という感じで募集されているところのなんと多いこと。こちらのパターンは当然、暇ヒマ・パターンです。そして 分配や仕事の役割分担、ルールがきちんと決まっておらず、無駄なことがそのほとんどを占める。。といったこちらはやってもやっても仕事が終わらない、多忙なパターン。 どちらも段取りが悪く、対極にある2つのパターンから舞台づくりに欠かせないことを学んでいます。

舞台を成功させるにはお金(経費)も時間も無駄にはできませんもの。分担・役割を決めてしかるべき人に依頼し当日は任せるというのが、私の舞台のパターンです。

そう、時間も人も無駄にはできない、そんなことを実感しながら週末は木々に癒されておりました。この木の根っこ、美しいでしょ。まさに「生きている」って力強さを感じさせられます。


クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ