2011/6/21

企業の中の日本政府〜部課をダメにする上司〜  仕事

取引銀行より連絡があった。
某国がマネーロンダリング、米国管理規制となり従来通りの 送金はむつかしくなり、InvoiceおよりContractの添付が必要になるという。

その連絡を受けて上司へと報告メールを打った。 関係部署に事前に連絡する必要があるからだ。

「○○課長

おつかれさまです。
○○○銀行より下記報告がありましたので、取り急ぎご連絡いたします。

◎○○○銀行より
○○○○○(国名)
マネーロンダリング 米国管理規制国追加の連絡があり。
よって送金は今までより厳しくなり、InvoiceもしくはContractの添付が
必要になります。

※米国管理規制国追加という意味から説明をしなければいけないことも あり、現在このようなイレギュラー対応に事務処理の手をとられているため、課からの連絡をお願いします。
※添付資料がかけているとその分送金までに時間がかかり、対応に時間がとられる可能性あり

上記理由より、必要部署・経理課専任さんへのご周知をどうぞ宜しくお願い致します。
尚、○○さん(今回送金部署担)へは同内容で連絡済みです。」

これは業務に関係してくるので課の責任者が知っておかなければならない内容だ。
部下として上司に報告をした。
が、上司の対応がとんでもなく悪かった。
朝に課長が飛んできてうっとうしそうに邪魔くさそうに言う。
「どういうことですか?」って。。(呆)

「○○○○○(国名)に送ってるところってそうそうないでしょう? それなら言うだけ問い合わせがくるので言わないほうがいいんですよ」

極めつけの一言が
「別に専任に言わなくても△△さん(私)がやってくれたらいいですよ」
と鼻で笑うのだ。
報告した私に「お前一人で勝手にやれ」と言わんばかりである。

は?!
おそろしきはこれだ! 
必要なことであるのに、問い合わせがくるから言わない、伝えない。 邪魔くさいからこんなことで報告してくるなといわんばかりの態度。
これって。。
パニックになるから事実を言わない、伝えない日本政府と同じでないか。

私はこの課長の態度に驚いた。そして気付いたのだった。 こういう身近なところから、日本政府に見られるような 隠蔽に対する行動が始まっているのである。
そして。。こういう日本人が圧倒的に多いのだ。

今回のようにフォローできる内容のうちはまだいい。 (私が走り回ったら必要な部署に伝えられる内容だから)

しかし。。
このような心の積み重ね (問い合わせがうっとしいとか、対応が大変でじゃまくさいとか)が

「事実を伝えない」

という重要なことにつながってしまうのではないか、いや、つながっている。。と思ったのだ。

そしてもちろん、彼は課の長としての私からの「信頼と信用」を失った。

まさに事実上の課の崩壊である。
しかしながら、こういう現状で強くたくましく生きて行かないと。
まさに現状の日本国さながらである

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ