2011/8/19

相反する2つのWorking Place  仕事

今年は「仕事の年」とばかりにお仕事しています。
メインのお仕事は月〜金、サブのお仕事は土日祝というように。

そう、4月から「休日」という言葉が実質上なくなってしまいました(笑) 
日曜日はお稽古してそのままお仕事へ。
身体が慣れるまでは正直、電車に乗りながらどっちへ向かってるのか意識朦朧ということもしばしば。 気力だけでタイピングしてました。 もちろん現在も休みなしの毎日でしんどいのは事実ですが、それなりに「リズム」というのが出来上がってきました。

メインのお仕事は長期休暇ありで、学生ですか?というくらいに お休みが長いのです。
そこであてにならないものはもう放っておいて、 サブのお仕事のリーダーに相談。
メインのお仕事と違ってこちらのリーダーは 「人」(それぞれの立場とか)を少しでも理解しようとして下さる。 ありがたい限り。

「12〜21日まで人が足りないときでいいので、 臨時でシフトにいれてほしいのですが。。」とお願いしたところ、 なんとすべての日、シフトにいれてくださいました(笑)

今月の私のシフト、すごいですよ(笑)  連続10日間シフト表に名前があります。
シフト表を手にした違う人たちからも「この人、すごい。。。」と声がもれたほど。。。(笑) 

でもがんばっているとほんとに小さいながらも嬉しいことって起こるんですよね。
がんばって出勤したおかげか、タフさを認められたのか、来月のシフトを組む準備段階のリーダーから直接、お声かけが。

「来月の祝日、入りたかったら入ってもいいよ、どうする?  早番? 遅番?」

うれしぃぃぃぃぃ〜っ!!!!

サブリーダーからも、
「がんばってきてくれるから助かるよ」
というお声かけが。

人間ってこういうひとことがあるかないかで、 その職場で大きく伸びるかそうでないかのわかれどころだと思うのです。

私がもしどこかの会社(教室)のリーダーになったら絶対に こういうのは生かしていこう♪ 
いいお手本です。

そして反面教師的なのはメインの仕事のリーダー(笑)  こうはなってはいかんという典型的がまたそこに。 これはこれで勉強になるものです。

これもがほんとに不思議な話しなのですが、 同時に2つの相反する側面を見ているのは何かの「学び」で、 得るべくして得る処方箋のようなもの。

宇宙からの恵みに今日も感謝して、これから秋の舞台の 演目振付にとりかかります☆

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ