2013/2/28

「チーズはどこへ消えた?」  日常

「チーズはどこへ消えた?」 
いえいえ、ほんとにチーズを探してるわけではありません(笑)
本の題名です。本がお好きな方ならピンと来られた方もいるのでは? すごく売れた本です。 

この本をおススメされて本日、本屋さんに立ち寄り購入したのですが、30分あれば読める薄い本ながらに奥が深い。

この本が言わんとすることはまさに日常で「生きる」ことそのもの。
以下は本の中にでてくる登場人物が学んだことです。

「変化は起きる」
「変化は予期せよ」
「変化は探知せよ」
「変化にすばやく対応せよ」
「変わろう」
「変化を楽しもう」
「進んですばやく変わり再びそれを楽しもう」

あらすじを少しだけ。。(一部抜粋) こちらのサイトより⇒チーズはどこへ消えた?

出てくるのはチーズ(これは人生で追い求めるもので仕事やお金、愛、自由などを象徴)
迷路(これは会社であったり地域社会であったりチーズを探し回る場所を象徴)
それから、ねずみスニッフとスカリー(頭脳のない単純な行動だけど優れた本能がある)
と小人のヘムとホー(頭脳は優れているが・・・・・・)。
これだけです。迷路の中を、2匹と2人がチーズを捜し求めて走り回ります。
そしてある日、ついに多量のチーズを見つけます。
2匹と2人はチーズを楽しみ幸せに暮らしていたのですが・・・。
苦労の末に見つけたそのチーズは、ある日突然なくなってしまうのです。
そのあと、小人とネズミたちは「この一大事」にどう対処しその結果どうなったのか
と言う物語です。


クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ