東海山岳会Blog

それではまず、山行報告から・・・

 
いっしょに登る仲間を募集しています。
クライミングを始めてみたい人。 スポーツクライミングだけでは飽き足らない人。
雪山に登ってみたい人。 海外の大岩壁を登ってみたい人。 是非一度見学に来てください。

東海山岳会ホームページ本館はこちらへ!     Log in

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

お問い合わせ

 質問・お問い合わせは、下の「メッセージBOX」をお使いください。 なるべく早急に対応させていただきます。 ※必ず返信用のメールアドレスの入力お願いします。 ↓↓↓

メッセージBOX

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mine
まさか大平さんからコメントいただけるとは!
ありがとうございます。

まさにそんな感じのルートでした、同じ目にあってる方が他にもいたんですね。
あと、アトムエリアなんてのがあるんですか。
ガスガスでエリアの全体像がわからなくて知らないとこに行っちゃったんですね。
今度クラックツアーに行くときは針金も持って行ってみます、使わないのが一番ではありますが。
登ってるときにロープの流れを意識するのはフェースよりクラックのが難しいですね。
それが面白いところでもありますけど。
カムは機会があれば回収お願いします!
自分も同じエリアに行くことがあれば回収に挑戦してみます。
投稿者:大平 
mineさんがキャメ1を残置したルートは「アトラス」10bというルートで、アトムエリアのはごろも岩だと思います。オポジションをとらなかったというのはよくわかりませんが、理由としてはかぶったクラックからクラックは急に傾斜がおち、終了点の木までラインが一直線のため、フォローがテンションを入れるとロープがカムを押し込みます。自分が登った時もキャメ1が残置されていて回収しました。(持ち主がわかったので返しました。) 恐らくナッツキーでも届かないほど奥に入ったんだとおもいますが、100円ショップに売っているアルミの3mmくらいの太い針金で回収器を作って自分は回収しました。自分がみずがきに行けたら回収してあげたいけど、今は無理です。 元会員のOOHIRAでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ