2007/2/11

発病後3年  骨髄移植後1年8ヶ月 経過しました  闘病の記録「骨髄移植編」

よく3年生存率などといわれますが、いろいろありましたが、とりあえず3年クリアーしました。
でも、それは骨髄移植をした上での話しですので、移植で一旦リセットされるのでしょう。移植後1年8ヶ月をクリアーということでしょうか。

 血液検査はほぼ正常域です。年末にあった炎症反応も今はありません。自覚症状は立ちくらみ、痰がでやすいこと、疲れやすく、感染し易いなどはあります。時々体調をくずし、仕事も休んでしまいます。なかなか元のからだに戻らないなぁとは思いますが、こんな状態が続くのだと受容れるしかないのでしょう。

しかし、食欲あり、睡眠あり、快便です。体重はもとにはもどっていませんが、移植前に大分近くなりました。この辺の体重が無難でしょう。

 薬はバクタ錠、ザイロリック錠、セルベックス錠の3点セットに必須の「赤い」イソジンガーグルです。いずれも永い間お世話になっている薬です。
0



2007/3/3  22:08

投稿者:管理人

 コメントありがとうございました。

 入院中の事を振り返りますと患者本人はもちろん大変なのですが、家族も大変だったように思います。

 「がんは本人だけでなく、家族の病気」と言われますがそのとおりと思います。

 「無理せず、焦らず、でも時々踏ん張って」は本人だけでなく家族にもいえるとに思います。

 またよければお立ち寄りください。

2007/2/25  23:20

投稿者:黒コギ

はじめまして。私の母も50代後半で、白血病になりました。昨年9月に移植をして、今は感染症と闘っています。こちらのブログには今日たどりつきましたが、これからもちょくちょくお邪魔させて頂きたいと思います!すごく励みになりますので、体調に気をつけて頑張ってくださいね★

http://blackcorgi.blog92.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ