2010/3/22

「なまくら」  毎日父さん

 通勤途上の町の小さな本屋さんでみつけた本です。書店主が選ぶ傑作ということで紹介されていました。幕末から明治にかけての7人の少年たちの物語の短編集です。坂本龍馬や岩崎弥太郎などの歴史上の人物は出てこず、京の町に生きる名もない少年たちの物語です。

 「したたかに行きぬけや。おまえらしくな!」
 「おおっ」
 銀の字の右手があがった。(チョボイチ)

生きよう。今日を生き、明日を生きてみよう。と。「なまくら」の温かさは、この呟きからの熱によってうまれてくるのかもしれない。(解説 あさのあつこ)

「なまくら」 吉橋通夫 講談社文庫 
 http://astore.amazon.co.jp/air024-22/detail/4062764253
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ