2005/11/30

病気とうつ状態  患者学入門

 慢性疾患の患者・病気を持つ人の多くはうつ状態といわれてます。実際のところ私も決して元気な精神状態ではなかったと思います。でも、うつ状態になるのは当たり前のことではないかとも思います。病気になるということは、今までのペースを少し落とし、休めということです。そして自分自身を少し振り返ってみろということです。うつ状態はその反応ではないでしょうか。

 病をもつということは自分を知ることではないでしょうか。自分の生の有限性を知り、他方宇宙の無限性を感じることができれば、孤独感はあるものの、一体感をも感じることができるように思います。病をそんな機会にしていったらいいのだと思います。

 また、うつに励ましは禁物といわれますが、慢性疾患をもった人のうつ状態の場合はどうでしょうか。正直なところ、励ましの言葉はあまりいい気持ちではないし、あまりうれしくありません。頑張ってと言われても、頑張れないのですから。頑張らないようにするという返事をしたいです。

 でも、同病者や小さきものからの励ましは力になるのも確かです。病とともに生きているもの同士は多少の励ましはあまり苦痛に感じません。つらい時には励ましにも応えることはできないし、できる対応しかできません。でも何かを感じることはあるものです。患者同士は、言葉として適当でないかもしれませんが「戦友」といってもよいかもしれません。病と闘う同志であり、日常的な時間・空間を離れてともに生活するわけですから。
 また、老いたものにとって孫の存在はうれしいのではないでしょうか。孫から励まされ、うれしそうにしている患者さんを多く見かけました。小さき者の存在は力を与えるものです。

 がん患者がアルプスに登る。きわめて前向きに生きる。それは立派なことですが、多くの患者はなかなかできません。もちろん、今の私にもそれはできません。それだけの体力・気力はまだないし病状的にまだ無理です。だからといって何もできないのかというとそうではありません。たとえ些細なことであっても出来ることをする、そのことが何かの役に立っているという感じだけで十分生きる力になりうると思います。

 「うつ」か「前向き」かの二者択一にはならない、無理しない、頑張らない、だけどあきらめない、病の受容はそんなところから始まるのではないでしょうか。

 もちろん、不眠や自殺念慮がある場合や、うつ状態を超えた時などの場合は薬物投与などの適切な治療は必要です。特に本人にあまり自覚がないときには、周りの人は注意が必要です。このことは慢性の身体疾患患者に限ったことではありません。

1



2005/12/15  8:32

投稿者:あらぴんさん

「うつ」ですか・・・。
父の様子を見ていると、今が一番辛そうな時期なので、声をどうかけていいのやらと思うのです。

励ましは禁物!分かります。
私も家で義父から病状を聞かれて、あーだわコーダワ、もっと励ますとか宗教的な名言を言われると、今は腹が立ってきます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ