2013/2/23

発症から9年が経ちました   闘病の記録「骨髄移植編」

 移植から7年7か月?経過しました。

 血液内科の通院は3か月に一度程度です。血液検査では特に大きな異常はありません。
ドライアイ(時々角膜びらん状態)は相変わらずで、胃薬の「ムコスタ」成分のムコスタ点眼薬を使い始めました。ヒヤレインやジクアスも使っています。

 部分入れ歯は2か所。前歯の欠損は結構不自由です。外すと声が聴きにくようです。
手指が少し変形し、ヘバーデン結節症といわれています。
軽い睡眠薬ももらっています。

 実年齢より10歳くらい歳をとったかなというのが率直な自覚症状です。

 この2月にノロウイルスに感染しました。発熱・嘔吐・下痢の症状でした。2日ほどの短期間でしたが、骨髄移植時よりきつい状況でした。脱水もひどかったのですが、即日の点滴で大事にいたりませんでした。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ