2004/2/10

寛解導入治療  闘病の記録「化学療法編」

 タイプM4Eoと診断されて、比較的予後がよいタイプであることを知らされます。また、岩波新書「当事者主権」という本の患者としての当事者は「病気と死に直面したものだけ味わう経験を言語化し他の人に伝えるのは当事者の責務である。」との言葉で勇気を与えられ、単に患者としてだけでなく、医療に少しは関わる者として、これらをまとめるのは10年以上かかると考えました。その間は死ねないし、死なないという根拠はありませんが、そんな確信がうまれました。

 寛解導入治療は準クリーンルームで過ごし、発熱、しんどさなどあったものの、医学部の実習生との会話など多少気楽なところもありました。でも、集中力には欠けていたようです。内服の服薬量をまちがえ、足りなくなり臨時処方をお願いしたこともありました。

 寛解導入治療が終わり、点滴が外れるとなんともいえぬ解放感になります。準クリーンルームから出て院内の売店にいけること、気兼ねなくシャワーできることはなんともいえぬ解放感でした。生きているという実感を得ました。そのまま治療を続けることはあまり苦痛となりませんでした。

 マルク(骨髄穿刺)の結果、骨髄液からは白血病細胞は0.8%。血液学上は一応、完全寛解に到達しました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ